このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

証券監督者国際機構(IOSCO)による「商品倉庫および受渡施設の健全な慣行」の最終報告書の公表について

  • 印刷
平成31年2月18日
農林水産省
平成31年2月7日、世界各国・地域の証券監督当局や証券取引所等から構成されている国際的機関である証券監督者国際機構(IOSCO)は、平成30年7月に公表した「商品倉庫および受渡施設の健全な慣行」(協議用報告書)に対して寄せられた意見を踏まえ、最終報告書を取りまとめました。

1.背景

平成28年5月にIOSCO(※)が公表した「商品デリバティブ市場価格への倉庫および受渡施設の影響」に関する報告書では、商品デリバティブ取引の価格形成に潜在的な影響を与える倉庫保管や受渡状況が一部に存在することが指摘されました。そこで、平成30年7月にIOSCOは、倉庫施設の運営等に関する透明性と健全性の向上を目指した健全な慣行(行為規範)の導入を提言する「商品倉庫および受渡施設の健全な慣行」の協議用報告書を作成し、これについて広く意見を求めました。その後IOSCOは寄せられた意見を踏まえて最終報告書を取りまとめ、この度公表しました。

(※)IOSCOは、経済産業省、金融庁、農林水産省をはじめ、米国商品先物取引委員会(CFTC)、英国金融行為規制機構(FCA)等が加盟しています。

2.報告書概要

本最終報告書は、「商品デリバティブ市場価格への倉庫および受渡施設の影響」に関する報告書で指摘された、監督、透明性、料金とインセンティブ、利益相反、運営の5つの分野における事例に対応するための行為規範の導入を倉庫施設、デリバティブ取引所、デリバティブ規制当局に対して提言しています。健全な慣行は特定の行為を禁止するのではなく、市場が健全な慣行と自己修正する動機付けとなる枠組みを構築することを目的としています。

<添付資料>
(原文)「IOSCO商品倉庫および受渡施設の健全な慣行」最終報告書(PDF : 214KB)
(仮訳)「IOSCO商品倉庫および受渡施設の健全な慣行」最終報告書(PDF : 416KB)

お問合せ先

食料産業局食品流通課商品取引室

担当者:金澤、植野
代表:03-3502-8111(内線4176)
ダイヤルイン:03-6744-2248
FAX番号:03-3502-6847