ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 証券監督者国際機構(IOSCO)の協議・協力及び情報交換に関する多国間覚書への署名について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年5月10日

農林水産省

証券監督者国際機構(IOSCO)の協議・協力及び情報交換に関する多国間覚書への署名について

平成23年5月9日、農林水産省及び経済産業省は、証券監督者国際機構(IOSCO)が策定した各国証券監督当局間の協議・協力及び情報交換に関する多国間覚書への署名を行いました。

 

1.     平成23年5月9日、農林水産省及び経済産業省は、証券監督者国際機構(IOSCO※1)が策定した枠組みである各国証券監督当局間の協議・協力及び情報交換に関する多国間覚書(MMOU※2)への署名を行いました。現在、アジアや欧米の国・地域から80の市場監督当局が、多国間覚書の署名当局となっています。

    ※1   IOSCO :  International Organization of Securities Commissions

    ※2  MMOU :  Multilateral Memorandum of Understanding concerning Consultation and Cooperation and the Exchange of Information

 

2.     G20首脳会合等において、商品先物市場における市場の濫用・操作に対処するための規制・監督、当局間での協力が要請されている中、商品先物市場を適切に監視・監督するため、各国当局にとって、相互に円滑な情報交換協力を行うことは不可欠となっています。また、農林水産省及び経済産業省は、平成21年度における商品取引所法の改正を受けて、IOSCOや各国市場監督当局と連携した市場監視に向けての施策を実施しているところです。

 

3.     多国間覚書の署名当局となることにより、農林水産省及び経済産業省は、各国当局との間で、市場監督・法執行上必要な情報を相互に交換し合うことが可能となり、国際協力の下で、国境を越えた取引が活発化している商品先物市場の公正性等を確保していくこととなります。

 

 参考リンク 

IOSCO 多国間覚書関係ホームページ

http://www.iosco.org/library/index.cfm?section=mou_main

 

お問い合わせ先

総合食料局商品取引監理官
担当者:市場監視班 森木、橋本
代表:03-3502-8111(内線4177)
ダイヤルイン:03-6744-1860
FAX:03-3502-6847

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図