このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

ASEANでの食料・農業分野の人材育成に向けた取組について

  • 印刷
平成30年3月1日
農林水産省
日・ASEAN友好協力45周年を記念し、日本政府が日・ASEAN食料・農業友好親善大使に任命した、JKT48のメロディ・ヌランダニ・ラクサニ氏が、平成30年2月27日(火曜日)、親善大使として行う初の活動として、ボゴール農科大学(インドネシア・ボゴール市)において農林水産省が実施している食料・農業分野の人材育成講座に参加し、挨拶を行いました。

1.概要

農林水産省では、ASEAN諸国において各国の大学と連携してASEANにおける若年層の人材育成に取り組んでおり、平成26年以降、ASEAN事務局への拠出金により、10カ国10大学において各大学のカリキュラムに合わせて、我が国企業から専門家を派遣し、日本の優れた技術やサービス等に関するより実践的な知識・技術について教育を行っています。
平成30年2月27日(火曜日)のインドネシア・ボゴール農科大学での講座では、平成30年2月26日(月曜日)に「日・ASEAN食料・農業友好親善大使」に任命されたメロディ氏から、親善大使としての初の活動として、学生に向けて開講の挨拶をしていただきました。
農林水産省では、食料・農業分野の人材育成を通じ、ASEAN各国・大学と我が国食産業との連携強化、我が国の食文化・食産業のグローバル展開が進展することを期待しています。

メロディ氏(JKT48)の日・ASEAN食料・農業友好親善大使の任命について

日・ASEAN友好協力45周年の節目に日・ASEANの友好関係を促進することを目的として、日本政府は平成30年2月26日(月曜日)、JKT48のメロディ氏を「日・ASEAN食料・農業友好親善大使」に任命しました。メロディ氏は、インドネシアの国立パジャジャラン大学で農業を専攻した経歴を持ち、将来は日本の技術でインドネシアの農業を良くしたいとの強い気持ちをお持ちです。

2.参考

ASEAN日本政府代表部プレスリリース
http://www.asean.emb-japan.go.jp/itpr_ja/pr18_0301jp.html

日・アセアン連携による新産業人材育成支援事業
http://www.maff.go.jp/j/kokusai/kokkyo/oda30/attach/pdf/h30oda_kettei-20.pdf(PDF : 345KB)

挨拶をするメロディさん メロディさんと講座参加者
挨拶をするメロディさんメロディさんと講座参加者

お問合せ先

大臣官房国際部海外投資・協力グループ

担当者:総括班 北村、前田
代表:03-3502-8111(内線3510)
ダイヤルイン:03-3502-5913
FAX:03-3502-8083

食料産業局知的財産課種苗室

担当者:国際品種保護班 鈴木、松山
代表:03-3502-8111(内線4289)
ダイヤルイン:03-6738-6444
FAX番号:03-3502-5301

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader