ホーム > 報道発表資料 > 米国産牛肉(牛すじ)の混載事例に関する米国農務省の調査報告書の提出について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年1月11日

農林水産省

米国産牛肉(牛すじ)の混載事例に関する米国農務省の調査報告書の提出について

2007年9月28日に発生した、米国産牛肉(牛すじ)の混載事例について、米国農務省から調査報告書が提出されました。

本報告書について、厚生労働省と共に内容を精査したところ、再発防止に十分な改善措置がとられていると考えられるため、本日付けでカーギル社施設からの輸入停止措置を解除することとしました。

概要

2007年9月28日に発生した、米国産牛肉(牛すじ)の混載事例について、9日、米国農務省から別添(仮訳・英文)の原因及び改善措置に関する調査報告書が提出されましたので公表します。

(注)貨物の概要

   出荷施設:カーギル社ドッジシティー工場(カンザス州)

   輸 入 者:ジャパンフード株式会社

   品  目:冷凍牛肉(牛すじ:BEEF LEG TENDON SHEATH-ON)

   数 重 量:1,333箱、約9トン

調査結果

改善措置

  ア 全箱をスキャンし対日輸出適格品であることを確認

  イ パレットに日本向け限定プラカードを提示

  ウ 監督者による点検等

  を実施

対応

本報告書について厚生労働省と共に内容を精査したところ、再発防止に十分な改善措置がとられていると考えられるため、本日(11日)、カーギル社施設からの輸入停止措置を解除することとします。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課 
担当者:片貝
代表:03-3502-8111(内線4581)
ダイヤルイン:03-3502-5994
FAX:03-3502-3385

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図