ホーム > 報道発表資料 > 米国産牛肉(牛肉及び舌)の混載事例について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年1月12日

厚生労働省
農林水産省

米国産牛肉(牛肉及び舌)の混載事例について

米国から対日輸出された牛肉に、対日輸出条件のうちの月齢条件に違反する牛肉が含まれていた旨の連絡が米国農務省よりありました。

このため、当該施設からの輸入手続を一時停止し、米国農務省に対して詳細な調査結果を報告するよう要請しました。

1   本日、米国政府から、米国農務省による査察の結果、スミスフィールド社モイヤーパッキング工場(ペンシルバニア州)において、昨年11月14日以降に処理され、対日輸出された牛肉等(牛肉及び舌)に、対日輸出条件(20ヶ月齢以下)に適合しない21ヶ月齢に由来する牛肉が混入していたことが判明したことから、当該貨物の回収・積戻し措置をとるとの通報がありました。

注1:米国側の調査結果において、今回の1ヶ月の月齢を超過した牛由来の牛肉等が混入することとなった原因については、月齢判定のためのコンピュータのプログラムにおいて、21ヶ月齢未満とするところを21ヶ月齢以下としたことにあるとし、また、同社の他の施設では同様の問題はないことが確認されています。

注2:米国側の調査によると、回収・積戻しの対象製品の中で、21ヶ月齢に由来する牛肉等は、約1.3トン(枝肉ベース)と見積もられています。

2   厚生労働省では、関係自治体を通じて、輸入業者に対し、当該牛肉等の販売を中止し、回収するよう指示しました。

(今回の対象製品)

輸入業者:  [1]  丸大食品(株)  [2]  シンワオックス(株)
輸入品目:  [1]  牛肉及び舌       [2]  牛肉及び舌
輸入数・量:[1]  牛肉  880箱、12.1トン   舌  22箱、0.2トン
                      [2]  牛肉  322箱、 4.3トン    舌  40箱、0.4トン
流通状況:[1]においては434箱、[2]においては115箱を輸入者が保管中

 

3   当該施設については、11日(現地時間)米国農務省により、対日輸出認定の停止及び輸出手続の停止措置がとられていますが、厚生労働省及び農林水産省としても、本日以降、現在輸送途上にある関係貨物を含め、当該施設からの輸入手続を停止することとしました。

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課 
担当者:片貝
代表:03-3502-8111(内線4581)
ダイヤルイン:03-3502-5994
FAX:03-3502-3385

厚生労働省
代表:03-5253-1111
医薬食品局食品安全部監視安全課
担当:森田
内線:2455
直通:03-3595-2337

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図