ホーム > 報道発表資料 > スウェーデン産の牛肉の混載事例について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年8月14日

農林水産省

スウェーデン産の牛肉の混載事例について

スウェーデンより輸入された豚骨に衛生証明書に記載のない豚肉及び牛肉の混載がありましたのでお知らせします。

1. 8月11日、東京港の倉庫業者から、動物検疫所東京出張所に対して、同港に到着した貨物コンテナ(2402箱:約24トン)に、発注していない(衛生証明書に記載のない)豚肉(もも肉)及び牛肉(ひれ肉)が1箱ずつ含まれていたとの連絡があった。

(貨物の概要)

処理施設: スウェーデン SCAN AB社スカーラ工場
倉庫施設: スウェーデン SKARA FRYS社
輸入業者: アグリ・トレイド社
品目:
  • 発注した品目
    豚骨2400箱(約24トン)
  • 発注していない品目
    豚肉(もも肉)1箱(約8kg)
    牛肉(ひれ肉)1箱(約8kg)

   ※:欧州地域におけるBSEの発生に伴い、平成13年1月1日からスウェーデンからの牛肉等の輸入は停止中。

2.  8月12日、動物検疫所において、当該2箱を確認し、輸入業者に対し、全箱を開梱し現物確認するよう指示し、 現在確認作業を進めているところである。

3.  現在、スウェーデンからの牛肉の輸入は認められておらず、また、この2品目はスウェーデン政府発行の衛生証明書に記載が無いことから、一旦、当該処理施設及び倉庫施設からの貨物の輸入手続を保留するとともに、農林水産省からスウェーデン政府に調査を要請した。

 

 

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課 
担当者:川本
代表:03-3502-8111(内線4581)
ダイヤルイン:03-3502-5994
FAX:03-3502-3385

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図