ホーム > 報道発表資料 > コスタリカからの輸入条件違反の牛肉(牛タン)について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年8月26日

厚生労働省
農林水産省

コスタリカからの輸入条件違反の牛肉(牛タン)について

コスタリカから輸入された牛肉(牛タン)が輸入条件に違反していたことが確認されたため、コスタリカからの牛肉の輸入を停止したのでお知らせします。

1. 8月20日、動物検疫所成田支所において、コスタリカから輸入された牛肉(牛タン)を検査したところ、コスタリカ政府発行の衛生証明書に不備があったことから、当該貨物の輸入手続を保留するとともに、コスタリカ政府に対して衛生証明書の不備内容に関する照会を行いました。

(貨物の概要)

出荷施設:J.E.G. PATAGONIA BEEF(施設番号106)

  ※日本向け加工・保管を行う施設として指定されている。

品目:冷凍牛タン

輸入数量:320箱(約1.4トン)

不備内容:衛生証明書に出荷施設のみが記載されており、と畜を行った施設の記載がない

2. 25日、コスタリカ政府から、当該牛タンは米国産であり、米国から日本への輸入条件に適合したものである旨の連絡がありましたが、家畜衛生条件では、コスタリカからの米国産牛肉の輸入は認めていないため、本事例は輸入条件違反となります。

3. したがって、25日、在京コスタリカ大使館を通じて、コスタリカ政府に対して詳細な調査結果を報告するよう要請するとともに、農林水産省は、当該貨物を含めコスタリカからの牛肉の輸入を停止しました。
 なお、本日までに、動物検疫所において当該貨物(320箱)について開梱し確認したところ、衛生証明書の不備以外に問題は確認されませんでした。

4. 今後は、コスタリカ政府による調査結果の報告を待って、適切に対応することとしています。

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課 
担当者:川本
代表:03-3502-8111(内線4581)
ダイヤルイン:03-3502-5994
FAX:03-3502-3385

厚生労働省医薬食品局
食品安全部監視安全課
担当者:森田
代表:03-5253-1111(内線2455)
ダイヤルイン:03-3595-2337

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図