ホーム > 報道発表資料 > 食料・農業・農村政策審議会家畜衛生部会第32回家きん疾病小委員会の概要について


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年3月9日

農林水産省

食料・農業・農村政策審議会家畜衛生部会第32回家きん疾病小委員会の概要について

3月9日に開催された食料・農業・農村政策審議会家畜衛生部会第32回家きん疾病小委員会の概要についてお知らせします。

本日、開催された食料・農業・農村政策審議会家畜衛生部会第32回家きん疾病小委員会の概要を別紙の通り取りまとめましたのでお知らせします。

家きん卵、家きん肉を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染することは世界的にも報告されていません。
うずら卵・うずら肉を食べることによって、鳥インフルエンザが人に感染することは考えられず、うずら卵・うずら肉は「安全」と考える旨の食品安全委員会委員長談話が公表されています。

  

【参考】

過去の鳥インフルエンザに関する情報
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/tori/index.html

 

食料・農業・農村政策審議会家畜衛生部会家きん疾病小委員会概要等
http://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/eisei/index.html

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課
担当者:山本、星野
代表:03-3502-8111(内線4582)
ダイヤルイン:03-3502-8292
FAX:03-3502-3385

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図