ホーム > 報道発表資料 > 米国産牛肉の混載事例について


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年7月22日

厚生労働省
農林水産省

米国産牛肉の混載事例について

7月21日、動物検疫所が米国産牛肉の現物検査を実施したところ、米国農務省発行の衛生証明書に記載がない牛肉が2箱含まれていることを確認しました。
厚生労働省及び農林水産省は、貨物の輸入手続を保留するとともに、米国農務省に対し詳細な調査を要請しました。

1.7月21日、動物検疫所(川崎分室)が東京港に到着した貨物(冷蔵牛肉)を検査したところ、米国農務省発行の衛生証明書に記載がない、せき柱を含む牛肉が2箱含まれていることを確認しました。

(注)貨物の概要

(ア)出荷施設:クリークストーンファームプレミアムビーフ社工場(カンザス州)
(イ)輸入者:スターゼンインターナショナル株式会社(東京都港区)
(ウ)品目:冷蔵ばら肉等
(エ)数 重 量:810箱(約16トン) 

2.このため、同日、当該施設からの貨物について、輸入手続を保留するとともに、在京米国大使館を通じ、米国農務省に対し詳細な調査を要請しました。
また、動物検疫所において当該貨物全箱を開梱し、現物検査を実施しましたが、その他の貨物には問題は確認されませんでした。 

3.厚生労働省及び農林水産省では、今後、提出される米国政府による詳細な調査結果の報告を踏まえ、適切に対応することとしています。

お問い合わせ先

連絡先:厚生労働省医薬食品局
    食品安全部監視安全課
代表:03-5253-1111(内線2455)
直通:03-3595-2337
担当:柊
連絡先:農林水産省消費・安全局動物衛生課
代表:03-3502-8111(内線4581)
直通:03-3502-5994
担当:川本

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図