ホーム > 報道発表資料 > 埼玉県における鳥インフルエンザ(H3亜型)の発生について


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年10月16日

農林水産省

埼玉県における鳥インフルエンザ(H3亜型)の発生について

本日、埼玉県越谷市宮内庁鴨場のアヒル・アイガモについては、高病原性鳥インフルエンザであるH5、H7亜型ではなくH3亜型であることが確認されました。
なお、飼養者に対し、発生家きんの隔離等を指導するとともに、念のため、当該ウイルスの家きん等への接種試験を実施します。

1.農場の概要

埼玉県越谷市、宮内庁埼玉鴨場(飼養羽数:約710羽)

2.経緯

 10月16日、埼玉県において、宮内庁の依頼により埼玉県が実施した埼玉鴨場の定期モニタリングで、A型インフルエンザウイルスが分離されたため、(独)農研機構動物衛生研究所において、ウイルスの同定を行ったところ、当該ウイルスが、高病原性鳥インフルエンザであるH5、H7亜型ではなく、H3亜型であることが確認された。

3.今後の防疫対応

 H3亜型鳥インフルエンザの発生が確認されたことから、飼養者に対し、発生家きんの隔離等の防疫措置を実施し、念のため、病原性を確認するため、当該ウイルスの家きん等への接種試験を実施。

(注)鳥インフルエンザとは

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課
担当者:伏見、珠玖(しく)
代表:03-3502-8111(内線4582)
ダイヤルイン:03-3502-8292
FAX:03-3502-3385

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図