ホーム > 報道発表資料 > 宮崎県における移動制限解除後の清浄性確認検査の実施について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年9月3日

農林水産省

宮崎県における移動制限解除後の清浄性確認検査の実施について

OIE(国際獣疫事務局)への我が国の清浄ステータスの認定申請のため、9月6日より、宮崎県の牛飼養農場を対象として、清浄性確認のためのサーベイランスを開始します。 

1 我が国の清浄性確認のためのサーベイランスの実施について

我が国においては、本年4月20日以降、合計292例の口蹄疫の発生がありましたが、7月4日の発生以降、新たな発生は確認されておらず、7月27日には、すべての移動制限が解除されたところです。また、8月27日には、ワクチン接種区域に残されていた、たい肥等の汚染物品の処理が終了しました。
このため、OIEに対して、我が国の清浄ステータスの認定申請に必要となるサーベイランス(臨床検査及び血清抗体検査)を、宮崎県内の牛飼養農場(150戸)を対象として、9月6日から順次開始することとします。

2 今後のスケジュール

今回のサーベイランスに係る採材及び各検査を9月下旬までに終了し、10月上旬にOIEに対する認定申請書を提出する予定です。

3 その他

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課
担当者:伏見、嶋崎
代表:03-3502-8111(内線4582)
ダイヤルイン:03-3502-8292
FAX:03-3502-3385

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図