ホーム > 報道発表資料 > 宮崎県における移動制限解除後の清浄性確認検査の結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年9月22日

農林水産省

宮崎県における移動制限解除後の清浄性確認検査の結果について

農林水産省は、OIE(国際獣疫事務局)への我が国の清浄ステータスの認定申請のため、宮崎県の牛飼養農場を対象として9月6日よりサーベイランスを実施しました。

その結果、すべて陰性であることを確認しました。

*OIE : Office International des Epizooties

1 我が国の清浄性確認のためのサーベイランスの結果

農林水産省は、OIE(国際獣疫事務局)への我が国の清浄ステータスの認定申請のため、宮崎県の牛飼養農場を対象として9月6日よりサーベイランスを実施しました。

結果は以下の通りです。

(1) 検査方法 : 臨床検査及び血清抗体検査

(2) 検査戸数 : 宮崎県内の牛飼養農場  150戸

(3) 検査頭数 : 2,124頭

(4) 検査結果 : 全頭陰性

2 今後のスケジュール

10月上旬にOIEへ清浄ステータスの認定に係る申請書を提出する予定です。

3 その他

口蹄疫は、牛、豚等の偶蹄類の動物の病気であり、人に感染することはありません。

また、感染畜の肉や牛乳が市場に出回ることはありませんが、感染畜の肉や牛乳を摂取しても人体には影響ありません。

(参考)平成22年9月3日プレスリリース

宮崎県における移動制限解除後の清浄性確認検査の実施について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/100903.html

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課
担当者:伏見、嶋﨑
代表:03-3502-8111(内線4581)
ダイヤルイン:03-3502-5994
FAX:03-3502-3385

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図