ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 食料・農業・農村政策審議会 第12回 家畜衛生部会(現地視察)について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年6月2日

農林水産省

食料・農業・農村政策審議会 第12回 家畜衛生部会(現地視察)について

食料・農業・農村政策審議会 家畜衛生部会は、今般、家畜伝染病予防法が改正されたことに伴い、飼養衛生管理基準及び防疫指針の見直しの検討に資するため、畜産農家・畜産関連施設の現地視察を鹿児島県・宮崎県下にて行いますので、お知らせします。

なお、今回の視察の概要は、7月に開催予定の家畜衛生部会において報告されるとともに、当省ホームページにて公表します。

1.概要

 今般、家畜伝染病予防法が改正(本年4月4日公布)されたことに伴い、現在、食料・農業・農村政策審議会 家畜衛生部会では、飼養衛生管理基準並びに口蹄疫及び高病原性鳥インフルエンザ等の防疫指針の見直しに向けた議論を行っているところです。 

今般、生産現場等の現状を把握し、今後の審議の参考とするため、畜産農家・畜産関連施設の現地視察を以下のとおり実施します。

2.行程(予定)

平成23年6月7日(火曜日)

(1) 種鶏場

場所:鹿児島県 霧島市

(2)孵化場

場所:鹿児島県 姶良(あいら)市

(3)肉用牛繁殖農家

場所:鹿児島県 霧島市

平成23年6月8日(水曜日)

(1)肉用鶏農家

場所:鹿児島県 霧島市

(2)食鳥処理場

場所:鹿児島県 霧島市

(3)肉用牛繁殖農家

場所:宮崎県 都城市

(4)肉用牛繁殖・肥育農家

場所:宮崎県 都城市

(5)レンダリング(化製処理)施設

場所:宮崎県 都城市

 (参考)レンダリングとは、獣畜の肉、皮、骨、臓器等を原料として皮革、油脂、にかわ、肥料、飼料その他の物を製造することを言います。

3. その他

(1)現場での取材は、畜産農家の防疫等の観点から、厳に慎むよう御協力をお願いいたします。

(2)今回の視察の概要は、7月に開催予定の家畜衛生部会において報告されるとともに、当省ホームページにて公表します。

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課
担当者:藁田、川田
代表:03-3502-8111(内線4581)
ダイヤルイン:03-3502-5994
FAX:03-3502-3385

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図