ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 国際獣疫事務局(OIE)による「無視できるBSEリスク」の国のステータス認定の申請について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年9月28日

農林水産省

国際獣疫事務局(OIE)による「無視できるBSEリスク」の国のステータス認定の申請について

農林水産省は、本日、国際獣疫事務局(OIE)に対して、最上位の「無視できるBSEリスク」の国のステータス認定に向けた申請を行います。

概要

1.我が国は、平成21年5月に、国際獣疫事務局(OIE)*により、「管理されたBSEリスク」の国として認定されたところです。

2.最上位の「無視できるBSEリスク」の国の認定要件を平成25年1月中に満たす見込みであることから、本日、OIEに対して、認定に向けた申請を行います。

3.なお、申請が受理された場合、専門家による審議を経て、早ければ平成25年5月にOIE総会に諮られる見通しです。

*OIEは、1924年に発足した世界の動物衛生の向上を目的とする国際機関であり、平成24年9月現在178か国・地域が加盟しています。WTO/SPS協定上、動物衛生及び人獣共通感染症に関する国際基準の設定機関とされています。

 

【参考】

※ 「無視できるBSEリスク」、「管理されたBSEリスク」 

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課国際衛生対策室
担当者:山本、松尾
代表:03-3502-8111(内線4584)
ダイヤルイン:03-3502-8295

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図