ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 家畜伝染病予防法、狂犬病予防法等に違反し不正に犬を輸入した者の逮捕について


ここから本文です。

プレスリリース

平成25年7月11日

農林水産省

家畜伝染病予防法、狂犬病予防法等に違反し不正に犬を輸入した者の逮捕について

千葉県警察本部(以下「千葉県警」という。)より、不正に犬を輸入した者を家畜伝染病予防法、狂犬病予防法等違反で本日逮捕したとの情報提供がありました。

事件の概要

動物検疫所では、複数回にわたり犬の輸出検査申請時に偽造された書類を提出し、不正に犬を輸出入している疑いのある者を確認しました。
本年1月、動物検疫所は、本事案への対応について千葉県警に情報提供し、その後の千葉県警による捜査に協力してきました。
本年7月11日、千葉県警は、不正に犬を輸入した者2名を家畜伝染病予防法、狂犬病予防法及び刑法違反の疑いで逮捕しました。

1  被疑者

40代男性(千葉県在住)
50代女性(神奈川県在住)

2  違反内容

家畜伝染病予防法第40条第1項(輸入検査)、狂犬病予防法第7条(輸入検疫)及び刑法第161条(偽造私文書等行使)違反の疑い

 

引き続き、家畜伝染病予防法等に基づき、動物の輸出入検疫を適切に実施してまいります。

 

 参考

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課国際衛生対策室
担当者:珠玖(しく)、眞子(まご)
代表:03-3502-8111(内線4584)
ダイヤルイン:03-3502-8295
FAX:03-3502-3385

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図