ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 台湾における狂犬病の発生に伴う犬等の輸入検疫の取扱いについて


ここから本文です。

プレスリリース

平成25年7月17日

農林水産省

台湾における狂犬病の発生に伴う犬等の輸入検疫の取扱いについて

農林水産省は、本日(平成25年7月17日(水曜日))より、台湾を狂犬病の非清浄地域として取り扱います。

今後、台湾から犬等を輸入する場合は、非清浄地域からの輸入条件を参照し、狂犬病の予防接種や血液検査等を行う必要がありますので御承知おきください。

経緯

昨日(7月16日(火曜日))深夜、台湾行政院農業委員会は、野生のイタチアナグマに由来する検体(脳組織)を検査した結果、狂犬病であることを確定診断した旨を公表しました。

対応

農林水産省は、本日(平成25年7月17日(水曜日))より、台湾を狂犬病の非清浄地域として取り扱います。

今後、台湾から犬等を輸入する場合は、非清浄地域からの輸入条件を参照し、狂犬病の予防接種や血液検査等を行う必要がありますので御承知おきください。

(参考)動物検疫所ホームページ 非清浄地域(指定地域以外)からの輸入条件

過去6ヶ月以内に台湾から輸入された犬等を飼養されている方は、念のため、入国時から半年間は毎日の健康観察を行うよう御留意願います。

 

(参考)厚生労働省ホームページ 狂犬病

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課国際衛生対策室
担当者:珠玖(しく)、眞子(まご)
代表:03-3502-8111(内線4584)
ダイヤルイン:03-3502-8295
FAX:03-3502-3385

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図