ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 韓国における口蹄疫の発生について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年7月24日

農林水産省

韓国における口蹄疫の発生について

平成26年7月24日、韓国慶尚北道の養豚場において、口蹄疫(血清型O型)が発生した旨、同国政府が公表しました。

1.概要

平成26年7月24日午前、韓国慶尚北道の養豚場において、口蹄疫(血清型O型)が発生した旨、同国政府が公表しました。本病の発生は、同国において約3年ぶりとなります。

2.対応

本発生を受け、本日付けで消費・安全局長通知を発出し、

  1. 都道府県を通じ、畜産関係者に対し、飼養衛生管理基準の遵守の再徹底、的確な初動対応の再徹底等について指導
  2. 動物検疫所に対し、靴底消毒及び車両消毒の一層の徹底、携帯品検査の強化等について指示

しました。

なお、韓国からの牛・豚等の動物及びそれら由来の肉等の輸入は、平成22年1月以降、禁止しております。

3.その他

関連通知、韓国の発生状況等につきましては、次のURLページで公開しております。

http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/index.html

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課
担当者:三宅、下平
代表:03-3502-8111(内線4581)
ダイヤルイン:03-3502-5994
FAX:03-3502-3385

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図