ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 国際獣疫事務局(OIE)による豚コレラ清浄国の認定について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年5月27日

農林水産省

国際獣疫事務局(OIE)による豚コレラ清浄国の認定について

フランス・パリで開催中の第83回国際獣疫事務局(OIE)総会において、平成27年5月26日(火曜日)(現地時間)、我が国を「豚コレラ清浄国」として認定することが承認されました。

経緯及び概要

  1. 豚の急性伝染病である豚コレラについては、かつて我が国では全国的に発生していましたが、関係団体、生産者と行政による撲滅対策の結果、平成19年4月に清浄化を達成しました。

     

  2. 国際獣疫事務局(OIE)*はこれまで、口蹄疫、BSE等の5疾病について、国又は地域別の清浄性を公式に認定していましたが、本年より豚コレラについても清浄性を認定することになったことから、農林水産省は平成26年9月、OIEに「豚コレラ清浄国」の認定申請を行いました。
  3. フランス・パリで平成27年5月24日(日曜日)から5月29日(金曜日)の日程(現地時間)で開催中の第83回OIE総会において、5月26日(火曜日)、我が国を「豚コレラ清浄国」として認定することが承認されました。上記決定については、近日中にOIEから「認定証」が授与される予定です。

*OIEは、1924年に発足した世界の動物衛生の向上を目的とする国際機関であり、平成27年5月現在180か国・地域が加盟しています。WTO/SPS協定上、動物衛生及び人獣共通感染症に関する国際基準の設定機関とされています。

・OIE: World Organisation for Animal Health

・FAO: Food and Agriculture Organization of the United Nations

・WTO: World Trade Organization

・SPS協定: WTO Agreement on the Application of Sanitary and Phytosanitary Measures

OIEの豚コレラ清浄国の認定について

OIEによる公式認定を受け、我が国の豚コレラ対策の妥当性について国際的な信頼を得られたことから、各国家畜衛生当局との検疫協議が促進され、諸外国にも輸出が可能となることが期待されます。

その他

(参考)

家畜の監視伝染病豚コレラ(動物衛生研究所ホームページ)

http://www.naro.affrc.go.jp/org/niah/disease_fact/k20.html

 

国際獣疫事務局(OIE)(農林水産省ホームページ)

http://www.maff.go.jp/j/syouan/kijun/wto-sps/oie.html

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課国際衛生対策室
担当者:三宅、鎌川
代表:03-3502-8111(内線4581)
ダイヤルイン:03-3502-5994
FAX:03-3502-3385

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図