ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 国際獣疫事務局(OIE)における理事及び委員の選出について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年6月1日

農林水産省

国際獣疫事務局(OIE)における理事及び委員の選出について

フランス・パリで開催された第83回国際獣疫事務局(OIE)総会において、当省から川島 俊郎大臣官房審議官(兼消費・安全局)がOIE理事に、沖田 賢治消費・安全局動物衛生課課長補佐が陸生動物衛生規約委員会(コード委員会)の委員に選出されました。

国際獣疫事務局(OIE)理事会の選挙

川島 俊郎(かわしま・としろう)大臣官房審議官(兼消費・安全局)は、1期目の実績や日本の貢献が評価され、アジア太平洋地域委員会(32か国・地域)の推薦を受け、2012年に続き、理事に再選されました。
なお、OIE*理事会は、OIE総会議長、副議長、前議長及び6名の理事(任期3年)により構成され、OIEの技術的及び行政的事項、総会に提出する活動計画や予算案などを審議します。

*OIEとは、1924年にフランス・パリで発足した世界の動物衛生の向上を目的とする政府間機関であり、2015年5月現在180か国・地域が加盟しています。WTO/SPS協定上、動物衛生及び人獣共通感染症に関する国際基準の設定機関とされています。また、OIEは口蹄疫、BSE等の国際貿易上重要な家畜疾病について、加盟国の清浄性を公式に認定しています。

陸生動物衛生規約委員会(コード委員会)の選挙

沖田 賢治(おきた・まさつぐ)消費・安全局動物衛生課課長補佐はアジア太平洋地域委員会(32か国・地域)の推薦を受け、陸生動物衛生規約委員会(コード委員会*)の委員に選出されました。
*コード委員会は、議長、副議長(2名)及び3名の委員(任期3年)により構成され、口蹄疫や鳥インフルエンザ等の家畜の伝染病が動物や畜産物の貿易により国際的に伝播することを防ぐための措置や疾病清浄化の条件等に関する国際基準(陸生動物衛生規約)の作成・改正を行う重要な委員会です。

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課国際衛生対策室
担当者:伊藤、鎌川
代表:03-3502-8111(内線4584)
ダイヤルイン:03-3502-8295
FAX:03-3502-3385

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図