ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > ミャンマー向け牛肉の輸出について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年10月14日

農林水産省

ミャンマー向け牛肉の輸出について

農林水産省は、厚生労働省と連携して、ミャンマー政府当局との間で、牛肉輸出のための検疫協議を全て終了し、輸出条件を締結しました。今後、条件に沿って輸出手続を定めた後、同国向け輸出が可能となります。

概要

平成16年6月以降、農林水産省は、厚生労働省と連携して、ミャンマー政府当局との間で、牛肉輸出解禁のための検疫協議を進めてきました。

今般、ミャンマー政府当局との間において、二国間の検疫協議が全て終了し、我が国からの牛肉輸出条件を締結いたしました。

今後、厚生労働省とともに、ミャンマー向け日本産牛肉の輸出に必要な衛生証明書の発行手続を定めた後、同国向け輸出が可能となります。 

平成27年10月16日より、ミャンマー向け輸出施設の認定手続を開始しました。(平成27年10月19日修正)  

 

<主な輸出条件>

 

なお、ミャンマー向けに牛肉を輸出する場合、輸入業者がミャンマー商業省から輸入ライセンスを事前に取得する必要があります。

また、輸出施設については、厚生労働省が定める要綱に基づく認定が必要になります。

 

参考

http://www.maff.go.jp/aqs/hou/exguuteirui2.html(外部リンク)

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/haccp/other/yusyutu_syokuniku/index.html(外部リンク)

ミャンマーの輸出入手続き(日本貿易振興機構(JETRO)ホームページ)

http://www.jetro.go.jp/world/asia/mm/trade_05.html(外部リンク) 

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課国際衛生対策室
担当者:伊藤、菊池
代表:03-3502-8111(内線4584)
ダイヤルイン:03-3502-8295
FAX:03-3502-3385

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図