ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 口蹄疫等に関する国際獣疫事務局(OIE)を通じたモンゴル国への技術的支援の実施について


ここから本文です。

プレスリリース

平成28年1月6日

農林水産省

口蹄疫等に関する国際獣疫事務局(OIE)を通じたモンゴル国への技術的支援の実施について

平成28年1月から、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所は、国際獣疫事務局(OIE)の承認を受け、モンゴル国中央獣医研究所に対して、診断技術の向上等を目的とした「口蹄疫等の越境性動物疾病に関するツイニング事業」(技術的支援)を開始します。

1. 経緯及び概要

口蹄疫は伝染力が強く、感染家畜の経済的な価値が大きく失われることから、国際的にも最も恐れられている家畜の伝染病です。我が国でも平成22年4月に宮崎県において本病が発生し、大きな経済的被害が生じましたが、関係者一体となった防疫措置等により、我が国は平成23年2月に国際獣疫事務局(OIE)※1により清浄国に認定されました。他方、現在、韓国、中国、モンゴル等のアジア周辺諸国においては、口蹄疫が発生しており、農林水産省ではこれらの周辺国とも協力しながら防疫対策の強化に努めているところです。

動物衛生研究所※2は、我が国で唯一の口蹄疫確定診断施設であるとともに、アジアにおける家畜疾病の診断、防疫等に関するOIEのコラボレーティングセンター※3に認定されており、国内外に広く貢献しています。

平成28年1月から平成30年12月までの3年間、動物衛生研究所は、OIEに承認されたツイニング事業※4を通じ、モンゴルの中央獣医研究所に対して、口蹄疫等越境性動物疾病の診断技術の向上を目的とした技術的支援を行うことが決定しました。

※1 OIEは、1924年に発足した世界の動物衛生の向上を目的とする国際機関であり、平成27年5月現在180か国・地域が加盟しています。また、WTO/SPS協定上、動物衛生及び人獣共通感染症に関する国際基準の設定機関とされています。

※2 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所

※3 OIEのコラボレーティングセンターは、特定の専門分野(動物用医薬品、新興感染症等)において技術的な支援等を行っており、26か国、49施設(平成27年時点)が認定されています。

※4 OIEのツイニング事業とは、OIEのコラボレーティングセンター又はレファレンスラボラトリー※が、途上国の疾病診断施設に技術的支援を行うことにより、当該診断施設の能力を高め、当該診断施設が地域の疾病診断及び防疫に寄与できるようにする事業です。

※OIEのレファランスラボラトリーは、動物疾病の診断及び診断方法に関する助言、診断に利用する標準株・診断試薬の保管等を行っており、39か国、専門家252名(平成27年時点)が認定されています。

  • OIE: World Organisation for Animal Health
  • WTO: World Trade Organization
  • SPS協定: WTO Agreement on the Application of Sanitary and Phytosanitary Measures

2. 技術的支援の内容

具体的には、動物衛生研究所において、モンゴル国中央獣医研究所の研究職員に対して口蹄疫ウイルスの分離技術、流行に対する適切なワクチン株の選定等を指導するとともに、動物衛生研究所の研究職員がモンゴル国に出向き、ワークショップ等を開催し、当該技術の現地での確実な定着を目指します。

今般の技術的支援により、モンゴルにおいて口蹄疫等に対する適切な防疫措置が講じられ、同国における経済的な被害を低減させるとともに、アジア地域全体の口蹄疫等の発生の低減及び我が国への伝播リスクの低減につながることが期待されます。

3. 参考

農研機構プレスリリース「口蹄疫等に関する国際獣疫事務局(OIE)を通じたモンゴル国への技術的支援の実施について」 (外部リンク)

http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/niah/060975.html

「口蹄疫に関する情報」はこちらのページを御覧ください。

http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/index.html

「国際獣疫事務局(OIE)」についての詳細はこちらのページを御覧ください。

http://www.maff.go.jp/j/syouan/kijun/wto-sps/oie.html

「日本のOIE レファレンスラボラトリー及びOIE コラボレーティングセンター」の一覧はこちらのページを御覧ください。

http://www.maff.go.jp/j/syouan/kijun/wto-sps/pdf/reference_center_japan.pdf(PDF:131KB) 

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課国際衛生対策室
担当者:大倉、鴨川
代表:03-3502-8111(内線4584)
ダイヤルイン:03-3502-8295
FAX:03-3502-3385

農研機構動物衛生研究所
担当者:吉田、井上
ダイヤルイン:029-838-7708
FAX:029-838-7709

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図