ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 日中の口蹄疫の共同研究等に関する覚書の締結について


ここから本文です。

プレスリリース

平成28年3月29日

農林水産省

日中の口蹄疫の共同研究等に関する覚書の締結について

平成28年3月21日に開催された「第7回日中農業担当省事務次官級定期対話」での合意を受け、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究所(以下「動物衛生研究所」という。)と中国蘭州(らんしゅう)獣医研究所との間で口蹄疫の共同研究等に関する覚書が同日付けで締結されました。

概要

平成28年3月21日に開催された「第7回日中農業担当省事務次官級定期対話」において、我が国の動物衛生研究所(津田知幸所長)(注1)と中国蘭州獣医研究所(殷宏(イン・ホン)所長)(注2)との間で、口蹄疫の共同研究等に関する覚書を締結することに合意したところです。

本覚書は「第7回日中農業担当省事務次官級定期対話」での合意を受け、同日付けで締結されました。

今後、本覚書に基づく口蹄疫に関する共同研究等を通じて、平成27年9月に日中韓3か国の農業大臣が交わした越境性動物疾病への対応に関する協力覚書に基づく連携を推進し、東アジア地域における口蹄疫防疫に大きな役割を果たすことが期待されます。

 

(注1)動物衛生研究所

動物疾病の予防と診断、治療に関し、基礎から開発・応用までの幅広い研究を実施する試験研究機関。具体的には、口蹄疫や高病原性鳥インフルエンザをはじめとする家畜の伝染性疾病の診断、病性鑑定等を実施。

(注2)中国蘭州(らんしゅう)獣医研究所

中国における口蹄疫に関する研究機関。国際獣疫事務局(OIE)が認定する口蹄疫リファレンス研究所の1つ。中国甘粛省蘭州市(かんしゅくしょう・らんしゅうし)所在。

本覚書の概要

1. 目的

口蹄疫の調査、診断等を含む獣医学分野の研究協力を維持・発展する。

2.主な活動内容

その他

平成28年3月21日付けプレスリリース「第7回 日中農業担当省 事務次官級定期対話」の結果について

http://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/renkei/160321_1.html

平成27年9月13日付けプレスリリース「第2回 日中韓農業大臣会合」の結果概要

http://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/renkei/150913.html

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課
担当者:熊谷、山木
代表:03-3502-8111(内線4584)
ダイヤルイン:03-3502-8295
FAX:03-3502-3385

覚書の内容について
動物衛生研究所 企画管理部 情報広報課
担当者:井上
電話:029-838-7708

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図