このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

島根県で死亡野鳥から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された事例に伴う防疫対策の再徹底について

  • 印刷
平成29年11月9日
農林水産省
本日、環境省から、島根県松江市の死亡野鳥(コブハクチョウ)から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出された旨の発表がありました。畜産関係者におかれましては、本病ウイルスの侵入防止対策、飼養家きんの異状の早期発見・早期通報等、改めて、防疫対策を徹底いただきますようお願いします。

概要

1.本日、環境省から、島根県松江市において、11月5日に回収されたコブハクチョウ1羽の死亡個体から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出された旨の発表がありました。(別添2)

2.今般の事例は、我が国で今季初めて死亡野鳥から本病ウイルスが確認された事例であり、我が国への渡り鳥の飛来が本格化する中、本病ウイルスの我が国家きんへの侵入リスクは非常に高まっていると考えられます。
家きん飼養農場を始めとする畜産関係者におかれましては、本病ウイルスの侵入防止対策、飼養家きんの異状の早期発見・早期通報等、改めて、防疫対策を徹底いただきますようお願いします。
(本件に関し、都道府県に対して、本病の防疫対策を再徹底するよう通知を発出しています。)(別添1)

3.なお、我が国では、これまで家きん肉及び家きん卵を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染した事例は報告されていません。

4.また、今後、家きん飼養農場で本病が確認された際に現場で取材を行うことは、本病のまん延を引き起こすおそれがあること、農家の方のプライバシーを侵害しかねないことから、厳に慎むよう御協力をお願いいたします。
 
<添付資料>
別添1 島根県で死亡野鳥から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された事例に伴う防疫対策の再徹底について(PDF : 89KB)
別添2 島根県の死亡野鳥におけるA型鳥インフルエンザウイルス確定検査陽性について(PDF : 182KB)

お問合せ先

消費・安全局動物衛生課

担当者:総務班 横澤、田中
代表:03-3502-8111(内線4581)
ダイヤルイン:03-3502-5994
FAX番号:03-3502-3385

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader