このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

「平成29年度口蹄疫等防疫対策強化推進会議」の開催及び一般傍聴について

  • 印刷
平成29年12月25日
農林水産省
農林水産省は、平成30年1月23日(火曜日)に農林水産省講堂において、都道府県の家畜衛生担当者等を招集し、「平成29年度口蹄疫等防疫対策強化推進会議」を開催します。
同会議では、平成29年度の文化功労者に選定された喜田宏北海道大学名誉教授からも御講演いただく予定です。
本会議は公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみ可能です。

1.概要

平成22年の宮崎県における口蹄疫の発生から約8年が経過しましたが、近隣諸国では依然として口蹄疫を始めとする越境性動物疾病が継続して発生しています。引き続き、防疫対応を強化するため、人や物の動きが活発になる春節や韓国での冬季オリンピック・パラリンピックを迎える前に、都道府県の家畜衛生担当者等を参集し、本病対策に係る防疫体制の強化を確認することにより、全国規模での防疫対策に万全を期します。

2.開催日時及び場所

日時:平成30年1月23日(火曜日)13時30分~17時00分
会場:農林水産省 本館7階 講堂
所在地:東京都千代田区霞が関1-2-1

3.議事

(1)韓国における口蹄疫等の防疫対応について
(説明:韓国家畜衛生当局担当者)
(2)世界における口蹄疫等の発生状況及びアフリカ豚コレラウイルス感染実験から得られた知見について
(説明:国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究部門研究者)
(3)鳥インフルエンザ対策等の感染症の克服に向けた研究について
(説明:北海道大学 喜田宏名誉教授)
(4)その他

4.傍聴可能人数

50名程度

5.傍聴申込要領

(1)申込方法

傍聴を希望される方は、インターネット又はFAXにて、以下のお申込先にお申込みください。
(電話でのお申込みは御遠慮ください。)

<インターネットによるお申込先>
https://www.contactus.maff.go.jp/j/form/syouan/douei/171225.html

<FAXによるお申込み>
別添様式により、以下の宛先にお申込みください。
FAX番号:03-5512-2293
宛先:農林水産省 消費・安全局 動物衛生課 防疫企画班 宛て

通訳を同伴される方、車椅子を利用される方、盲導犬等の身体障害者補助犬をお連れの方は、事前にその旨をお書き添えください。
また、通訳や介助の方がいらっしゃる場合は、その方のお名前も併せてお書き添え下さい。
複数名お申込みの場合も、お一人ずつの記載事項をお書きください。

(2)申込締切

平成30年1月12日(金曜日)17時00分必着です。

(3)抽選の実施

希望者多数の場合は抽選を行い、傍聴いただけない方には、開催前日までに連絡いたします。なお、傍聴可能な方には、連絡いたしませんので、御承知おきください。

(4)傍聴される皆様への留意事項

傍聴される方は、入館時に受付で身分証明書を提示いただきます。
会議の傍聴に当たり、次の留意事項を遵守して下さい。これらを守れない場合は、傍聴をお断りすることがあります。
1.事務局の指定した場所以外に立ち入らないこと。
2.会議中、携帯電話等の電源は切るか、又はマナーモード等、音の出ないようにすること。
3.傍聴中は静粛を旨とし、以下の行為を慎むこと。
・委員及び意見公述人の発言に対する賛否の表明又は拍手
・傍聴中の入退席(ただし、やむを得ない場合を除く。)
・報道関係者以外の方の、会場におけるカメラ、ビデオカメラ、ICレコーダー、ワイヤレスマイク等の使用
・新聞、雑誌その他議案に関連のない書類等を読むこと
・飲食及び喫煙
4.鉄砲刀剣類その他危険なものを議場に持ち込まないこと。
5.その他、事務局職員の指示に従うこと。

なお、お申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、確認等で御本人への連絡を行う場合に限り利用いたします。

6.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方には、一般傍聴とは別の席を用意いたしますが、資料準備等の関係がございますので、上記「5.傍聴申込要領」に従いお申込みください。その場合は、報道関係者である旨を必ず明記してください。
ただし、御用意した席が満席となった場合は、お立ちいただくことになります。その場合は御容赦ください。
また、当日は受付で記者証等の身分証を提示いただきますので、あらかじめ御了承願います。

〈添付資料〉
平成29年度口蹄疫等防疫対策強化推進会議傍聴申込様式(WORD : 17KB)

平成29年度口蹄疫等防疫対策強化推進会議傍聴申込様式(PDF : 69KB)

お問合せ先

消費・安全局動物衛生課

担当者:木下、平井
代表:03-3502-8111(内線4582)
ダイヤルイン:03-3502-8292
FAX番号:03-5512-2293

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader