このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

台湾向け食用卵及び卵製品の輸出再開について

  • 印刷
平成30年10月2日
農林水産省
台湾当局との間で進めていた食用卵及び卵製品輸出のための検疫協議が全て終了し、これらの製品の輸出を本日より再開しました。

概要

平成30年1月の我が国における高病原性鳥インフルエンザ発生以降、農林水産省は台湾当局との間で、食用卵及び卵製品の輸出再開のための協議を進めてきました。
今般、当局間の協議が全て終了し、我が国から台湾への当該製品の輸出が認められることとなりました。
このため、本日より、動物検疫所において輸出に必要な輸出検疫証明書の発行を再開しました。

<主な輸出条件>
・日本が高病原性鳥インフルエンザ及びニューカッスル病清浄国であること。
・H5又はH7亜型の低病原性鳥インフルエンザが輸出前90日間発生していないこと。
・施設に関する要件はなし。

<過去の食用卵輸出量>
2016年:700万円(17トン) 2017年、2018年:実績なし
出典:財務省「貿易統計」

<これまでの経緯>
2015年10月9日:輸出解禁
2016年11月29日:日本における高病原性鳥インフルエンザの発生を受け、輸入停止
2018年1月8日:台湾当局は、日本を高病原性鳥インフルエンザ清浄国に再認定
2018年1月9日:輸出検疫証明書様式の合意、輸出再開
2018年1月12日:日本における高病原性鳥インフルエンザの発生を受け、輸入停止
2018年10月1日:台湾当局は、日本を高病原性鳥インフルエンザ清浄国に再認定、輸出検疫証明書様式の合意

参考

動物検疫所ホームページ
http://www.maff.go.jp/aqs/hou/exkakin3.html
台湾行政院農業委員会ホームページ
https://www.baphiq.gov.tw/view.php?catid=17609(外部リンク)

お問合せ先

消費・安全局動物衛生課

担当者:沖田、小坪
代表:03-3502-8111(内線4584)
ダイヤルイン:03-3502-8295
FAX番号:03-3502-3385