このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

愛知県における経口ワクチン散布研修会の実施について

  • 印刷
平成31年3月12日
農林水産省
農林水産省は、野生いのししを介した豚コレラウイルスの拡散を防止するため、平成31年2月22日に、我が国初めての取組として、野生いのししに対する経口(餌)ワクチンを、豚コレラに感染したいのししが確認された地域に限定して散布することを決定しました。
農林水産省及び愛知県は、野外散布の実施に当たり、ドイツから専門家を招致し、経口ワクチン散布研修会を行います。

1.日時

平成31年3月15日(金曜日)
10時00分~10時30分 座学研修 (ワクチンの取扱い方法等)
10時40分~11時40分 実地研修 (散布、回収作業等の実演)

2.場所

会場:小牧岩倉衛生組合環境センター
所在地:愛知県小牧市大字野口2881番地9

3.対象者

経口ワクチン野外散布地区タスクフォース(愛知県、犬山市、小牧市、春日井市、猟友会、その他関係機関)
※本研修会は、ワクチンの散布方法の習得を目的としていますので、タスクフォース関係者及び報道関係者以外の方の見学等はできません。

4.報道関係者の皆様へ

座学研修(冒頭5分程度)及び実地研修(冒頭10分程度)を公開します。
取材に当たっては、現地担当者の指示に従ってください。
また、当日は記者証を持参のうえ、腕章を着用してください。
取材に関するお問合せは、以下の連絡先にお願いします。
愛知県環境部自然環境課野生生物・鳥獣グループ(担当:大橋、石原 連絡先:052-954-6230)

お問合せ先

消費・安全局動物衛生課

担当者:櫻井、朝倉
代表:03-3502-8111(内線4582)
ダイヤルイン:03-3502-8292
FAX番号:03-3502-3385