ホーム > 報道発表資料 > 米国(テキサス州)からの家きん及び家きん肉等の輸入停止措置の解除について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年1月22日

農林水産省

米国(テキサス州)からの家きん及び家きん肉等の輸入停止措置の解除について

農林水産省は、本年1月5日、米国テキサス州において弱毒タイプの鳥インフルエンザ(H5亜型)が発生したとの米国からの報告を受け、同州からの家きん及び家きん肉等の輸入を停止しました。

今般、同国から、当該事例は、同国の検査機関が、陽性事例として報告したが、その後の再検査及び追加的な検査により、最終的に陰性であることが確認された旨の報告がありました。これら内容を精査した結果、当該事例は鳥インフルエンザ(H5亜型)の発生ではないと判断したことから、本日、輸入停止措置を解除しました。

1.経緯

  1. 本年1月5日、米国テキサス州においてアヒルに弱毒タイプの鳥インフルエンザ(H5亜型)の発生が確認された旨、米国から報告がありました。これを受けて、同日付けで、同州からの家きん及び家きん肉等の輸入を停止しました。
  2. 今般、同国から、今回の事例は、同国家畜衛生当局の検査機関である国立獣医学研究所(National Veterinary Service Laboratories)が、陽性疑い事例としたものを陽性事例として報告したものであり、その後の再検査及び追加的な検査により、最終的に陰性と確認されたとの報告を受けました。

2.対応

米国からの情報を精査したところ、今回の事例では鳥インフルエンザ(H5亜型)の発生ではないと判断したことから、本日付けで同州に対する家きん及び家きん肉等の輸入停止措置を解除しました。

関連資料:

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課国際衛生対策室
担当者:伊藤
代表:03-3502-8111(内線4584)
ダイヤルイン:03-3502-8295
FAX:03-3502-3385

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図