ホーム > 報道発表資料 > 加工食品品質表示基準等の改正説明会の開催について  出席者の募集締め切り・2月追加開催


ここから本文です。

プレスリリース

平成19年11月1日

農林水産省

加工食品品質表示基準等の改正説明会の開催について     出席者の募集締め切り・2月追加開催

業者間取引の表示のあり方については、本年7月から「食品の業者間取引の表示のあり方検討会」において有識者の皆様に御議論いただいてきたところですが、10月31日に開催された第6回検討会において、「加工食品の原料供給者の取引について、表示義務を課すべきであり、消費者の信頼回復を図るためには、できるだけ早急に実施に移すべき」との報告が出されたところです。
これを受け、農林水産省としては、JAS法の加工食品品質表示基準及び生鮮食品品質表示基準の改正に必要な手続を迅速に進めるとともに、事業者への制度の周知・啓発を精力的に行い、実効性のある制度とする必要があると考えています。
このため、加工食品の原料を供給する製造業者、輸入業者、販売業者などの関係者に対し、加工食品品質表示基準等の改正について、ご説明させていただく機会を設けましたので、お知らせします。 

1 概要

(1)日時

(ア)平成19年12月6日(木曜日)13時30分~15時30分応募者が定員を超過したため募集を締め切りました。

(イ)平成20年1月23日(水曜日)13時30分~15時30分応募者が定員を超過したため募集を締め切りました。

(2)場所   農林水産省講堂(7階)

東京都千代田区霞が関1-2-1(別添地図参照)

(3)テーマ   加工食品品質表示基準等の改正(JAS法の品質表示基準の適用範囲の拡大)について

(4)主催   農林水産省 

2 内容

加工食品品質表示基準等の改正(JAS法の品質表示基準の適用範囲の拡大)に関する説明

3 説明会出席者の募集

500名を募集します。((ア)(イ)両日)応募者が定員を超過したため募集を締め切りました。

【応募上の注意とお願い】

(ア)応募多数の場合は先着順といたします。ただし、多くの関係者に幅広くご出席いただくため、同一と考えられる組織から多数の方の応募があった場合には、勝手ながら当方において、人数を調整いたします。出席いただける方には別途FAXにてご連絡いたします。

(イ)(ア)の理由により、主婦、無職の方以外は、所属する消費者団体名、企業名、個人商店名、生産者団体名、行政組織名等を必ずご記入ください。

【報道関係の皆様へ】

取材を希望する方は、会場の都合上、報道関係者申込様式(別紙様式2)に(ア)会社名、(イ)氏名、(ウ)電話番号、(エ)FAX番号、(オ)人数、(カ)TVカメラの有無を記入のうえ、までに、FAXにて上記申込先へご連絡ください。
なお、報道関係者によるカメラ撮りは、会議冒頭のみ可能です。

農林水産省へご来場いただく際には、玄関にて身分証明書の提示が必要となりますので、ご了承願います。

4 説明会に出席される皆様へのお願い

説明会に出席されるに当たり、以下の事項を厳守していただくようお願いいたします。これらについてお守りいただけない場合には、ご退席願うことがありますので、予め御了承願います。

(ア)事務局の指定した場所以外の場所には立ち入らないでください。

(イ)携帯電話、ポケットベル等の電源は必ずお切りください。

(ウ)会議中は静粛を旨とし、以下のような行為は慎んでください。

  • 説明会中の入退席(ただし、やむを得ない場合は除きます。)
  • 写真カメラ、ビデオカメラ等による撮影、テープレコーダー等の使用

(エ)その他、座長及び事務局職員の指示に従ってください。

5 その他

11月13日に説明会の追加開催をプレスリリースしましたことを、お知らせします。

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/hyoji/071113.html

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

消費・安全局表示・規格課 
担当者:食品規格班  渡部、渡邊、尾関
代表:03-3502-8111(内線4483)
ダイヤルイン:03-6744-2099

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図