ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 有機JAS制度による認証を受けた有機農産物等に「organic」等と表示して米国へ輸出することが可能となることについて


ここから本文です。

プレスリリース

平成25年9月26日

農林水産省

有機JAS制度による認証を受けた有機農産物等に「organic」等と表示して米国へ輸出することが可能となることについて

これまでは、米国に有機農産物等を輸出する場合には、米国の有機制度による認証を受ける必要がありました。
本日、米国は、我が国の有機JAS制度を米国の有機制度と同等と認め、輸出時の手続きについて、双方で合意したことにより、平成26年1月1日より、有機JAS制度による認証を受けた有機農産物等に「organic」等と表示して、米国へ輸出できるようになります。

1. 概要

これまでは、米国に有機農産物等を輸出する場合には、米国の有機制度(National Organic Program(NOP))による認証を受ける必要がありました。
日米で有機制度に関する協議を続けてきた結果、本日、米国は、我が国の「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」(昭和25年法律第175号)に基づく有機JAS制度を米国のNOPと同等と認め、輸出時の手続きについて、双方で合意しました。
このことにより、平成26年1月1日より、我が国の有機JAS制度による認証を受けた有機農産物及び有機農産物加工食品に「organic」等と表示して、米国へ輸出できるようになります。

2. 米国との合意内容

日本から米国への輸出が可能となる有機農産物等に関し、米国と合意した内容は、以下のとおりです。

1.対象範囲
有機JAS制度に基づき、最終的に日本国内で生産・加工・包装された有機農産物及び有機農産物加工食品(原材料の原産国は問わない)
2.生産基準
 有機農産物の日本農林規格(平成17 年10 月27 日農林水産省告示第1605 号)
 有機加工食品の日本農林規格(平成17 年10 月27 日農林水産省告示第1606 号)
3.発効期日
平成26年1月1日

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

消費・安全局表示・規格課
担当者:国際業務班 向江、上野山  有機食品制度班 大貝
代表:03-3502-8111(内線4481)
ダイヤルイン:03-6744-7139
FAX:03-6744-0569

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図