ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「食品トレーサビリティ『実践的なマニュアル』(仮称)」(案)に関する意見交換会の開催及び食品事業者等の参加募集について


ここから本文です。

プレスリリース

平成25年12月24日

農林水産省

「食品トレーサビリティ『実践的なマニュアル』(仮称)」(案)に関する意見交換会の開催及び食品事業者等の参加募集について

農林水産省は、食品トレーサビリティ促進委託事業において作成した「食品トレーサビリティ『実践的なマニュアル』(仮称)」(案)について、食品事業者等の皆様から御意見をいただくため、意見交換会を開催します。

意見交換会は、非公開です。ただし、報道関係者の冒頭のカメラ撮影は可能です。

1.概要

    食品トレーサビリティとは、食品事業者が取引に関する記録を作成・保存しておくことにより、食品がどこから来て、どこへ行ったか分かるようにしておくことです。これは、食品の安全性に問題が発生した場合などに、問題のある食品とその流通範囲を迅速に特定する手法として重要です。

    農林水産省は、食品トレーサビリティ促進委託事業において、業種ごとの優良な取組事例などを踏まえた、実践的なマニュアルを作成しているところです。

    本マニュアルの作成に当たっては、食品事業者の方々がトレーサビリティの取組を始める上で、現状としてどこまで出来ているかを確認しながら、徐々にステップアップできるように作成しています。

    この度、マニュアルがより分かりやすいものとなるよう、製造・加工業、卸売業及び小売業に従事されている責任者(マネージャー、店長、工場長等)、地方自治体担当者等を対象に、実際に活用することを念頭に御意見をいただくため、「食品トレーサビリティ『実践的なマニュアル』(仮称)」(案)について意見交換会を開催します。

    なお、意見交換会は、本事業の委託先である株式会社 三菱総合研究所が運営します。 
 

    「食品トレーサビリティ『実践的なマニュアル』(仮称)」(案)は、以下の構成となっています。

意見交換会は、総論と各論について意見交換を行います。

東京会場及び京都会場においては、総論・各論の説明・意見交換のほかに、取組手法編を説明して掲載している記録様式を使った演習も行います。  

  2.意見交換会の開催日時及び場所

東京会場 

    平成26年1月20日(月曜日)9時30分~12時30分(製造・加工業)定員72名

    会場:株式会社 三菱総合研究所 大会議室C・D

    所在地:東京都 千代田区 永田町2丁目10番3号

 

    平成26年1月22日(水曜日)9時30分~12時30分(卸売業) 定員42名

    平成26年1月22日(水曜日)13時30分~16時30分(小売業)定員42名

    会場:日本橋プラザ 会議室2・3

    所在地:東京都 中央区 日本橋2-3-4

 

札幌会場

     平成26年1月27日(月曜日)14時00分~15時50分(製造・加工業)定員42名 

     平成26年1月28日(火曜日)10時00分~11時50分(卸売業)定員42名 

     平成26年1月28日(火曜日) 14時00分~15時50分(小売業)定員42名

     会場:TKP札幌駅カンファレンスセンター カンファレンス2H

     所在地:北海道 札幌市 北区 北7条西2-9 ベルヴュオフィス札幌

 

福岡会場

     平成26年2月3日(月曜日)13時30分~15時20分(製造加工業)定員42名

     平成26年2月4日(火曜日)10時00分~11時50分(卸売業)定員42名                                                                            

     平成26年2月4日(火曜日)14時00分~15時50分(小売業)定員42名

     会場:リファレンス駅東ビル 会議室K

     所在地:福岡県 福岡市 博多区 博多駅東1-16-14

 

京都会場

      平成26年2月5日(水曜日)13時30分~16時30分(製造・加工業)定員30名

      平成26年2月6日(木曜日)9時30分~12時30分(卸売業)定員30名                                                                             

      平成26年2月6日(木曜日)13時30分~16時30分(小売業)定員30名

      会場:メルパルク京都 4階 研修室1、2

      所在地:京都府 京都市下京区 東洞院通七条下ル東塩小路町676番13                                                                              

  3.参加申込要領

      (1)申込方法

          株式会社 三菱総合研究所 社会公共マネジメント研究本部 食農ビジネスグループ(担当:木根、浅野、宮崎)で参加申込みをお受けします。

          株式会社 三菱総合研究所では、ホームページで本件を御案内しています。そちらのお申込みフォーム(Web)からお申込みいただけます。

          なお、会場の収容人数に限りがあり、多くの対象者から参加いただき、意見を伺いたいことから、一般の方の参加、傍聴のお申込みはお受けいたしません。

 

<株式会社 三菱総合研究所ホームページでのお申込み>

            http://www.mri.co.jp/traceability-iken/  

 

<  FAXによるお申込先 > 

            添付の参加申込書を記入し、以下にお送りください。        

            送付先:株式会社 三菱総合研究所 社会公共マネジメント研究本部 食農ビジネスグループ 木根 行き

            FAX番号:03-5157-2142

 

< 電子メールによるお申込先 >

            参加申込書の内容をお書きになり、以下に送信ください。 

            traceabilityiken@mri.co.jp  

      

       (2)申込締切  

           各会場開催日から土日を除く5日前の17時00分必着とします。 

           なお、申込多数の場合は、早めに締め切らせていただくことや1社1名など申込人数を制限させていただく場合がありますので、あらかじめ御了承ください。

           参加いただくことができない場合には、開催日の2日前までに御連絡します。

 

       (3)意見交換会の参加証発行はいたしません。直接会場へいらしてください。 

 

 4.報道関係者の皆様へ

      報道関係者で取材を希望される方は、こちらにお問合せください。

      株式会社 三菱総合研究所 広報・IR部 広報室(担当:峰尾、渋谷、永井)

      TEL:03-6705-6000  FAX:03-5157-2169  E-mail:media@mri.co.jp

      会場での取材(冒頭のカメラ撮影を含む。)を希望される場合も、こちらまで事前に連絡をお願いします。

      会場での開催時間内における取材は、冒頭のカメラ撮影のみで退室いただきますが、意見交換会終了後に説明者が対応します。

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

消費・安全局表示・規格課
担当者:トレーサビリティ企画調整班 中川、西澤
代表:03-3502-8111(内線4550)
ダイヤルイン:03-3502-5716
FAX:03-6744-0569

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図