ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「食品トレーサビリティ『実践的なマニュアル』」各論「農業編(案)」及び「畜産業編(案)」に対する意見募集について


ここから本文です。

プレスリリース

平成28年1月5日

農林水産省

「食品トレーサビリティ『実践的なマニュアル』」各論「農業編(案)」及び「畜産業編(案)」に対する意見募集について

農林水産省は、平成27年度食品トレーサビリティ促進委託事業において、「食品トレーサビリティ『実践的なマニュアル』」各論「農業編(案)」及び「畜産業編(案)」を公開し、本日から平成28年2月1日(月曜日)までの間、これらに対する御意見を募集します。

1.概要

食品トレーサビリティは、事業者が食品を取り扱った記録を作成・保存しておくことにより、食品がどこから来てどこへ行ったか分かるようにしておくことです。これは食品の安全性に問題が発生した場合などに、問題のある食品とその流通範囲を迅速に特定する手法として重要です。

農林水産省では、平成25年度から食品トレーサビリティ促進委託事業において、事業者がトレーサビリティに取り組む際に役立つよう、業務手順の組立てや記録様式の作成管理について解説する「食品トレーサビリティ『実践的なマニュアル』」を作成しています。平成26年度までに、理論編として「総論」、実践編として業種別に「各論(製造・加工業編、卸売業編、小売業編、外食・中食業編、漁業編)」、さらに、「各論」を補完するものとして、記録の様式集などを掲載した「取組手法編」を作成しました。平成27年度は、「農業編」及び「畜産業編」を作成しているところです。 

このたび、「農業編(案)」及び「畜産業編(案)」を公開し、より分かりやすいものとなるよう、内容について御意見を募集します。

2.意見募集の対象

御意見は、「農業編(案)」及び「畜産業編(案)」が対象になります。

農産物の生産と関連事業(集出荷、選別、乾燥・調製)を対象範囲にしています。

酪農業、肉用牛生産業、養豚業、養鶏業(食鳥・鶏卵)、集送乳業、食肉処理業、食鳥処理業、鶏卵選別包装業(GP事業)を対象範囲にしています。

食品トレーサビリティ「実践的なマニュアル」は、事業者がトレーサビリティの取組を始める又は見直す上で、自らの取組の現状を把握し、次のレベルに向かって徐々にステップアップできるように解説しています。

これらは、本事業委託先の一般社団法人食品需給研究センターホームページで公開していますので、内容についてはそちらを御覧ください。

 

一般社団法人食品需給研究センターホームページ:食品トレーサビリティ「実践的なマニュアル」各論(農業編、畜産業編)意見募集のお知らせ

http://www.fmric.or.jp/trace/iken/ (外部リンク)

3.御意見の提出

御意見は、一般社団法人食品需給研究センターホームページの意見提出方法、意見提出上の注意を御覧の上、提出ください。

(1)実施期間:平成28年1月5日(火曜日)~平成28年2月1日(月曜日)正午まで

(2)提出方法

タイトルを「実践的なマニュアルに関する意見」とし、メール本文にお名前、御所属、御連絡先(電話番号、メールアドレス)を記載してください。

意見の書式は自由です。下記の様式を御利用いただくことができます。

封筒表面に「実践的なマニュアルへの意見」と朱書きの上、お名前、御所属、御連絡先(電話番号、住所)を記載し、下記まで郵送ください。

意見の書式は自由です。上記の意見提出様式(word形式)を御利用いただくことができます。

宛先:〒114-0024 東京都 北区 西ヶ原3-1-12-2F

一般社団法人 食品需給研究センター 宛て 

 

本件のお問合せは

一般社団法人 食品需給研究センター

(担当:酒井・志賀・山本)

Tel:03-5567-1991

Fax:03-5567-1960

E-mail:trace@fmric.or.jp

までお願いします。

4.参考

食品トレーサビリティ「実践的なマニュアル」は、農林水産省ホームページ「トレーサビリティ関係」で御覧になれます。

http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trace/index.html

お問い合わせ先

消費・安全局消費者行政課
担当者:熊谷、小泉
代表:03-3502-8111(内線4550)
ダイヤルイン:03-3502-5716
FAX:03-6744-1974

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図