ホーム > 報道発表資料 > 平成18年度第4回安全・安心モニター調査結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成19年8月30日

農林水産省

 

平成18年度第4回安全・安心モニター調査結果について

農林水産省では、食品の安全性や家畜衛生・植物防疫等に関するリスクコミュニケーションの効果を調査するため、安全・安心モニターに対するアンケート調査を実施しています。食品の安全に関する考え方に関して、平成17年度に引き続き、以下の調査を行いましたので、その結果をお知らせします。

〔調査の目的〕食品の安全に関する考え方の把握

〔調査対象者〕安全・安心モニター1,584名(満20歳以上で国内居住者)

〔実施時期〕平成19年3月8日~3月20日

〔調査方法〕インターネットによるアンケート調査

〔有効回答者数〕1,425名

〔概要〕
「100%安全な食品はない」という文章について、「そう思う」・「どちらかといえばそう思う」との回答を合わせると85%でした(問1)。食品には、いわゆるゼロリスクはないということを理解しておられる方が多かったことが分かりました。
また、「健康によい食品は、食べれば食べるほど健康になれる」という文章について、「そう思わない」・「どちらかといえばそう思わない」との回答を合わせると75%でしたが、「そう思う」・「どちらかといえばそう思う」との回答も23%ありました(問2)。どんなに健康によいと言われている食品でも、極端に多く食べると健康に悪影響を及ぼす可能性があるということを、より広く理解していただけるように農林水産省が努力していくことが必要です。
食品の安全を確保するためには、事故が起こってからの対応より、事故の予防が必要だと考えている方(「そう思う」・「どちらかといえばそう思う」)が99%に達し、ほとんどの方が食品の安全を確保するためには事故予防のための対策をとる必要があると考えていることが明らかとなりました(問4)。
「消費者も食品の安全について知識を深めたり、行政の取組について意見を表明するなどして、食品の安全確保に積極的に関わっていくことが必要だ」という文章について、「そう思う」・「どちらかといえばそう思う」と回答した方を合わせると96%に上り ました。多くの方が、消費者としての役割を認識しておられました(問6)。
食品の安全性や栄養素の効果に関する情報について、科学に基づいていると思う情報源は、「新聞・雑誌記事」、「専門家の著書や講演会」、「行政機関のホームページや広報誌」であるとの回答がそれぞれ約4割でした(問7)。

その他の設問や昨年の結果との比較については、回答結果(PDF:29KB)を御覧ください。
また、設問によって説明を付けていますので、併せて御覧ください。

食品の安全に関する内容について、より多くの方に理解していただけるよう、農林水産省は今回の調査結果を参考にして、科学に基づいた情報の提供に努力します。

お問い合わせ先

農林水産省消費・安全局消費者情報官
 担当者:鈴木、古川、山本
 代表:03-3502-8111(内線4600)
 直通:03-3502-8504

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

電話番号が変わりました。新しい連絡先はこちらからお調べください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図