ホーム > 報道発表資料 > 「見て!聞いて!!植物防疫~海外の病害虫から日本の農業を守る~」及び「小さな虫みっけ!~植物防疫官を体験してみよう~」の開催及び出席者の募集について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年7月10日

農林水産省

「見て!聞いて!!植物防疫~海外の病害虫から日本の農業を守る~」及び「小さな虫みっけ!~植物防疫官を体験してみよう~」の開催及び出席者の募集について

植物防疫を知っていただくため、平成20年8月7日(木曜日)に、名古屋植物防疫所中部空港支所にて現場見学会と体験学習会を開催します。

午前:一般(大学生以上)の方対象
貨物検査室等の現場見学会(質疑応答付)を開催

午後:小学校高学年(4年生以上)のお子様対象
実験室で顕微鏡観察などの体験学習会を開催

現場見学会、体験学習会とも公開です。カメラ撮りも可能ですが、現場見学会では撮影不可の場所がありますので、ご確認ください。

開催の趣旨

「植物防疫」とは、海外から日本国内への病害虫の侵入を防いだり、国内における害虫のまん延を防ぐ仕事です。また、日本の農産物を輸出するため、日本から相手の国へ病害虫を持ち込まないように、相手国から求められた条件を守ることも大切な役割です。このように「植物防疫」は、国内の農業の安定生産のために非常に重要です。
また、貿易量や海外旅行者の増加は、病害虫が侵入する可能性を増大させており、水際での病害虫侵入阻止という役割は、ますます重要になっています。
そこで、この度、植物防疫について知っていただくため、一般(大学生以上)の方を対象に、植物防疫所での貨物検査の様子を見学していただくとともに、質疑応答を行う機会を設けました。また、小学校高学年(4年生以上)のお子様を対象に、保護者の方と一緒に植物防疫所の実験室にて病害虫を顕微鏡で観察するなど、植物防疫官(しょくぶつぼうえきかん)の仕事の一端を模擬体験していただける機会を設けました。
なお、一般(大学生以上)の方を対象とした午前の部と、小学校高学年(4年生以上)のお子様と保護者の方を対象とした午後の部は、それぞれ別に開催します。

日時・場所

1.日時

平成20年8月7日(木曜日)

(1)午前の部(一般(大学生以上)対象)

【現場見学】 9時00分~10時30分

【情報提供】 11時00分~13時00分(10時30分開場)

(2)午後の部(小学校高学年(4年生以上)対象)

【子供体験】 14時30分~16時00分

2.場所

(1)午前の部(一般(大学生以上)対象)

【現場見学】 名古屋植物防疫所中部空港支所 航空貨物担当

愛知県常滑市セントレア一丁目1番 中部空港合同庁舎内

【情報提供】 中部国際空港第2セントレアビル4F R-1会議室

愛知県常滑市セントレア一丁目1番地(「別添地図」参照)

参考:『中部国際空港セントレア』ホームページ(別ウィンドウで開きます)
http://www.centrair.jp/index.html

(2)午後の部(小学校高学年(4年生以上)対象)

【子供体験】 名古屋植物防疫所中部空港支所

愛知県常滑市セントレア一丁目1番 中部空港CIQ庁舎内

 

内容

(1)午前の部(一般(大学生以上)対象)

【現場見学】

名古屋植物防疫所中部空港支所 貨物検査室、昆虫・病理実験室 等

(別紙1「現場見学について」参照)

【情報提供】

第1部 植物防疫に関する情報提供

「植物防疫の現状とその課題」 農林水産省消費・安全局植物防疫課

「空港の現場から」 農林水産省名古屋植物防疫所中部空港支所

第2部 パネルディスカッション

(パネリストとして、消費者、生産者、流通業者を予定)

第3部 会場内参加者との質疑応答

(2)午後の部(小学校高学年(4年生以上)対象)

【子供体験】

名古屋植物防疫所中部空港支所 中部空港CIQ庁舎内会議室及び実験室

(別紙2「子供体験について」参照)

ページトップへ

参加者の募集

1.募集人数

午前の部【現場見学】および【情報提供】と、午後の部【子供体験】は、それぞれ別に募集します。

(1)午前の部(一般(大学生以上)対象)

60名を募集します。
うち、希望者40名については、現場見学を行います。

情報提供の内容は、大学生以上の方を対象としておりますので、中学生、高校生の方の参加はご遠慮願います。

【午前の部にお子様連れでの参加を希望される方へ】

同伴されるお子様は、小学校高学年(4年生以上)の方に限らせていただきます。
現場見学については、お子様連れで参加いただけますが、情報提供については、内容が一般(大学生以上)の方を対象としたものであることから、お子様にはその時間、空港見学等に参加していただきます。こちらはお子様のみの参加となります。(別紙3「空港見学について」参照)

(2)午後の部(小学校高学年(4年生以上)対象)

20組を募集します。

子供体験への参加は、小学校高学年(4年生以上)の方を募集対象とさせていただきます。
基本的に1組2名(子供1名、保護者1名)としますが、最大3名(子供2名、保護者1名または子供1名保護者2名)までの応募も可能です。いずれの場合においても、少なくとも、保護者の方1名の同伴をお願いします。

2.申込方法

参加を希望される方は、平成20年7月25日(金曜日)までに、次の(1)~(3)に応じ、応募用紙に必要事項を記載の上、3.申込先へFaxにてお申し込みください。(手続きの都合上、7月25日(金曜日)必着とさせて頂きます)

※募集期間を延長します。
平成20年7月30日(水曜日)までにお申し込みください。

(1)-1 午前の部の【現場見学】及び【情報提供】の両方へ参加を希望される方

別紙1「現場見学について」をご覧いただき、注意事項等を確認の上、応募用紙(別紙様式1)にてお申し込みください。

(1)-2 午前の部の【情報提供】のみの参加を希望される方

応募用紙(別紙様式2)にてお申し込みください。

(2) 午後の部の【子供体験】に参加を希望される方

別紙2「子供体験について」をご覧いただき、注意事項等を確認の上、応募用紙(別紙様式3)にてお申し込みください。

(3) 報道関係者で参加を希望される方

取材を希望される場合は、希望する取材に応じ、別紙1「現場見学について」および別紙2「子供体験について」をご覧いただき、注意事項等を確認の上、応募用紙(別紙様式4)にてお申し込みください。

3.申込先

農林水産省消費・安全局消費者情報官リスクコミュニケーション推進班
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
Tel:03-3502-8504 Fax:03-5512-2293


【応募上の注意】

現場見学および子供体験は、一部立入許可が必要な場所があります。参加にあたり許可申請を行う必要があります。応募内容に不備があった場合には許可申請ができないので、現場見学及び子供体験に参加いただけないことになります。ご注意ください。

参加者の決定

(1)午前の部(一般(大学生以上)対象)

募集人数を上回る応募があった場合には、申込方法により応募いただいた皆様の中から抽選を行います。
ただし、多くの関係者に幅広く参加いただくため、同一と考えられる組織から多数の応募があった場合には、抽選の際に考慮させていただきます。そのため、主婦、無職の方以外は、所属する消費者団体名、企業名、個人商店名、生産者団体名、行政組織名等を必ずご記入ください。

(2)午後の部(小学校高学年(4年生以上)対象)

先着順とさせていただきます。
応募いただいた順に、定員(20組)になり次第、募集を締め切らせていただきます。
なお、募集を締め切った場合には、ホームページにてお知らせします。

案内状の送付

応募いただいた方へは、8月4日(月曜日)までに、Faxにて抽選等の結果をお知らせするとともに、参加いただける方には案内状を送付します。
また、現場見学又は子供体験に参加いただく方へは、案内状とあわせて詳細を連絡します。
なお、当日は、送付する案内状が受付用紙となりますので、必ず持参願います。

その他

現場見学、情報提供及び子供体験とも公開です。また、撮影も可能です。ただし、現場見学では撮影不可の場所がありますので、別紙1「現場見学について」をご確認ください。
議事の概要については、農林水産省のホームページを通じて公表する予定です。
また、個人情報については、個人情報保護に関する法律及び関連する規範を遵守し、安全かつ適切な管理を行います。

関連情報

リスクコミュニケーション
http://www.maff.go.jp/syoku_anzen/index6.htm

植物検疫に関する情報
http://www.maff.go.jp/syohi_anzen/keneki.html

農林水産省植物防疫所
http://www.maff.go.jp/pps/

 

お問い合わせ先

消費・安全局消費者情報官 
担当者:リスクコミュニケーション推進班
代表:03-3502-8111(内線4600)
ダイヤルイン:03-3502-8504
FAX:03-5512-2293

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図