ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「全国工場見学・市場見学一覧」の公表について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年7月31日

農林水産省

「全国工場見学・市場見学一覧」の公表について

農林水産省は、本日、消費者の食に関する理解を深めるため、食品関連事業者の御協力のもと、工場見学等の取組を紹介する「全国工場見学・市場見学一覧」を公表しました。

1.概要

食育基本法(平成17年法律第63号)において、食に関する理解を深めるためには、食料の生産から消費等に至るまでの食に関する様々な体験活動を行うことが必要とされています。

このたび、食品関連事業者の御協力のもと、一般消費者を対象にしている工場見学や市場見学等の取組を取りまとめました。

2.「全国工場見学・市場見学」一覧

所在地、申込方法、見学の内容・おすすめポイント等を紹介していますので、この一覧を参考にして、工場見学・市場見学にぜひ御参加ください。

「全国工場見学・市場見学一覧」は、以下のURLから御覧いただけます。

http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/kengaku/top.html

食品関連事業者等の方へ

今後も一覧を更新しますので、記載内容の変更や新規掲載を御希望の場合は、下記のお問合せ先までお電話にて御連絡ください。

 3.参考

食育基本法等における工場見学等の位置づけ

(1)食育基本法(平成17年法律第63号)

  • 食育の推進に当たっては、国民の食生活が、自然の恩恵の上に成り立っており、また、食に関わる人々の様々な活動に支えられていることについて、感謝の念や理解が深まるよう配慮されなければならない。(第3条関係)
  • 食育は、広く国民が家庭、学校、保育所、地域その他のあらゆる機会とあらゆる場所を利用して、食料の生産から消費等に至るまでの食に関する様々な体験活動を行うとともに、自ら食育の推進のための活動を実践することにより、食に関する理解を深めることを旨として、行われなければならない。(第6条関係)

(2)第2次食育推進基本計画(平成23年3月31日 食育推進会議決定)

 (食品関連事業者等による食育推進
食品関連事業者等は、食育に関心を持っていない人々も含めた消費者との接点を多く有していることから、様々な体験活動の機会の提供、より一層健康に配慮した商品やメニューの提供、食に関する分かりやすい情報や知識の提供といった食育の推進のための活動について積極的に取り組むよう努める。
その際には、従来から取り組んでいる工場見学の実施や情報提供等についても、食育の推進という視点からの見直しや充実に努める
特に、消費者への情報提供に当たっては、消費者の適切な食の選択に資するよう、科学的知見に基づき分かりやすく客観的な情報の提供に努める。
また、職場の食堂等においても、より一層健康に配慮したメニューの提供や栄養、食生活等に関する情報提供がなされるよう努める。
なお、これらの活動を支援するため、国及び地方公共団体において必要な情報提供等を行う。(第3 3. (2)関係)

農林漁業体験スポット一覧

食料の生産に関する体験活動ができる場所等を紹介した「全国農林漁業体験スポット一覧」も、以下のURLで掲載しています。

お問い合わせ先

消費・安全局消費者情報官
担当者:食育推進班 橋本、中西、矢野
代表:03-3502-8111(内線4601)
ダイヤルイン:03-3502-8504
FAX:03-5512-2293

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図