ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 企業及び学校向けの農林漁業体験推進のためのマニュアル・教材について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年3月26日

農林水産省

企業及び学校向けの農林漁業体験推進のためのマニュアル・教材について

 農林水産省は、幅広い世代に食や農林水産業への理解増進を図る観点から、企業及び学校向けの農林漁業体験推進のためのマニュアル・教材を作成しました。

今後、全国の地方農政局等を通じて、企業関係者や学校関係者にそれぞれ配布し、教育ファーム等農林漁業体験の推進を図ります。

1.概要

食や農林水産業に関する国民の関心や理解を深める上で、農林漁業体験は重要です。農林水産省は、食育活動の一環として、子どもから大人まで幅広い世代に対して、食や農林水産業への理解を増進する教育ファーム等農林漁業体験を推進しています。そのため、大人を対象とした「企業向け農林漁業体験導入マニュアル-教育ファームの活用-」、子どもを対象とした教育ファーム学校教材「教育ファーム大作戦」をそれぞれ作成しました。

2.「企業向け農林漁業体験導入マニュアル-教育ファームの活用-」について

近年、企業において、社会的責任(CSR)活動や社員研修として農林漁業体験に取り組み、立場を超えた共同作業によるコミュニケーション能力向上やチームワーク力・団結力の強化、管理者研修でのリーダーシップの向上、心身のリラックス等健康管理面での効果等、企業が農林漁業体験の有用性を見い出し、活動を継続する事例が見られます。こうしたことから、より多くの企業に、CSR活動、社員研修、福利厚生等の幅広い目的で農林漁業体験を利活用していただけるよう作成したものです。主な内容等は以下のとおりです。

(1)「企業向け農林漁業体験導入マニュアル-教育ファームの活用-」では、既にCSRや社員研修として農林漁業体験に取り組んでいる企業の先行事例の紹介、体験活動の効果に関する情報、実際に体験活動に取り組むための留意事項等をまとめています。

(2) 先行事例を主にピックアップしてまとめたダイジェスト版を作成しました。

(3) 今後、業界団体等を通じて、幅広く企業関係者に御紹介していきます。

以下のURLから御覧になれます。

http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/s_edufarm/index3.html

3.教育ファーム学校教材「教育ファーム大作戦」について

学校教育において、教科の学習を通じて食や農業に関する知識を身につけ、体験活動をより多くの学校で実施していただけるよう、教科に関連付けた教育ファーム学校教材として作成したものです。主な内容等は以下のとおりです。

 (1)  教育ファーム学校教材「教育ファーム大作戦」には、12種類のワークシートがあり、食や農業について学習できます。紙面にキャラクターを登場させたり、漢字さがしクイズ等もあり、児童が意欲的に取り組める楽しい紙面となっています。

(2)  今後、各都道府県教育委員会等の学校関係者を中心に御紹介していきます。 

以下のURLから御覧になれます。

http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/s_edufarm/index3.html

 


 

お問い合わせ先

消費・安全局消費者情報官
担当者:教育ファーム推進担当 嶋﨑、滝、鷲巣
代表:03-3502-8111(内線4601)
ダイヤルイン:03-3502-5723
FAX:03-5512-2293

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図