ホーム > 報道発表資料 > 食品に係る偽装表示事案対策に関する警察庁と農林水産省との連携強化について


ここから本文です。

プレスリリース

平成19年11月7日

農林水産省
警察庁

食品に係る偽装表示事案対策に関する警察庁と農林水産省との連携強化について

本年に入り、食肉等の偽装表示事案の発覚を契機に同種事案が全国的に相次いで問題化し、食品の表示に対する国民の信頼が大きく損なわれていることを踏まえ、警察庁と農林水産省では、これらの問題に的確に対処し、相互の連携を強化するため、次の取組を行うこととし、昨日(11月6日)第1回意見交換会を実施した。

1  意見交換会の実施

警察庁生活安全局生活環境課長、農林水産省消費・安全局表示・規格課長及び同局畜水産安全管理課長は、それぞれの求めにより意見交換会を実施する。

2  相互の連絡体制の強化

警察庁生活安全局生活環境課、農林水産省消費・安全局表示・規格課及び同局畜水産安全管理課に連絡責任者を配置する。

連絡責任者は、発生する個別事案等について、必要に応じて情報交換を行うなど連携を図る。

3  地方における連携の強化

都道府県警察と地方農政局等との間については、必要に応じて食品表示等に関する意見交換を実施する。

また、都道府県警察と地方農政局等は、発生する個別事案等について、必要に応じて情報交換を行うなど連携を図る。

お問い合わせ先

消費・安全局表示・規格課食品表示・規格監視室
担当者:阿部
代表:03-3502-8111(内線4487)
ダイヤルイン:03-3502-7804
FAX:03-3502-0594

消費・安全局畜水産安全管理課 
担当者:瀧本
代表:03-3502-8111(内線4536)
ダイヤルイン:03-3502-8206
FAX:03-3502-8275

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図