ホーム > 報道発表資料 > 袋詰精米等における平成19年産の特別調査結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年7月11日

農林水産省

袋詰精米等における平成19年産の特別調査結果について

消費者が購入する袋詰精米等の表示について、平成19年10月から12月までの期間、調査した結果がとりまとめられましたので、お知らせします。

概要

「平成19年産米穀の特別調査」として、一般消費者に袋詰玄米又は袋詰精米(以下「米穀」という。)を販売する事業者(店舗等を含む。以下「小売業者」という。)及び小売業者に米穀を販売する事業者(以下「卸売業者」という。)を対象に、米穀の表示状況調査及び帳簿等による表示根拠の確認調査を実施するとともに、併せて平成19年産の銘柄米(農産物検査法に基づく検査証明を受け、産地、品種及び産年が同一である原料玄米を用いた米穀。以下同じ。)についてDNA分析を活用した品種判別調査を実施しました。

今般、標記特別調査の結果及び調査により確認した不適正表示等に対する措置の状況を、次のとおり取りまとめました。

 

(ポイント)

1 表示状況調査及び表示根拠の確認調査並びにDNA分析を活用した品種判別調査の結果 

(1) 3,697店舗で販売されていた43,655点の商品のうち、1,172点の商品(2.7%)に、精米年月日、産年の表示欠落等の不適正な表示が認められました。また、537点の商品についてDNA分析調査を行った結果、91商品(16.9%)に、表示と異なる品種の混入の疑義が認められました。 

(2) 不適正な表示及び表示内容に疑義が認められた商品並びに表示と異なる品種の混入の疑義が認められた商品については、当該商品に表示された販売業者に対し指導を行うとともに、不適正な表示の原因及び異品種混入の原因や事実確認のための調査を実施しました。

 

2 不適正表示をした販売者への対応

1の調査の結果、1業者(都道府県域業者)に対しては、その違反内容からJAS法に基づく名称の表示の除去命令を行いました。

また、316業者に対し指導等(単純な表示欠落に対する措置及び現在調査中の3業者を除く。)を行いました。

このうち、2業者(都道府県域業者)に対しては指示を行い、その旨を公表しました。

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

消費・安全局表示・規格課食品表示・規格監視室
担当者:井戸、丹野
代表:03-3502-8111(内線4486)
ダイヤルイン:03-6744-2101

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図