このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

平成30年7月豪雨及び平成30年北海道胆振東部地震を受けた食品表示法に基づく食品表示基準の弾力的運用の終了について

  • 印刷
平成30年11月30日
農林水産省
消費者庁
厚生労働省
農林水産省は、災害救助法の適用を受けた被災地への食品の円滑な供給を図るために実施していた食品表示基準の弾力的な運用について、平成30年12月31日をもって終了する旨を、消費者庁及び厚生労働省と連名で関係機関に通知しましたので、お知らせします。
<添付資料>
平成30年7月豪雨及び平成30年北海道胆振東部地震を受けた食品表示法に基づく食品表示基準の運用の終了について(PDF : 56KB)

参考

平成30年7月13日付けプレスリリース「平成30年7月豪雨を受けた食品表示法に基づく食品表示基準の運用について」
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/kansa/180713.html


平成30年9月7日付けプレスリリース「平成30年北海道胆振東部地震を受けた食品表示法に基づく食品表示基準の弾力的運用について」
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/kansa/180907.html

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課食品表示・規格監視室
担当者:三上、添野
TEL :03-3502-8111(内線4485)
直通:03-6744-2100

消費者庁表示対策課食品表示対策室
担当者:川島、吉川
TEL :03-3507-8800(内線2612)
直通:03-3507-9126

厚生労働省健康局
がん・疾病対策課
担当者:貝沼、磯
TEL :03-5253-1111(内線2359)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader