ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 米穀等の取引等に係る情報の記録及び産地情報の伝達に関する法律違反に係る国による指導の件数等について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年11月29日

農林水産省

米穀等の取引等に係る情報の記録及び産地情報の伝達に関する法律違反に係る国による指導の件数等について

農林水産省は、「米穀等の取引等に係る情報の記録及び産地情報の伝達に関する法律」(米トレーサビリティ法)違反に係る国による指導の件数等について、取りまとめました。

概要

  1. 米穀等の取引等に係る情報の記録及び産地情報の伝達に関する法律(米トレーサビリティ法)に基づき、平成23年7月から、外食事業者等に対して、一般消費者に対する米穀の産地情報の伝達等が義務付けられているところです。
  2. 今般、平成23年10月から平成24年9月までの同法違反に係る国による指導件数等を別添のとおり取りまとめました。
  3. 指導内容は、大半が外食事業者における米飯類の産地情報の未伝達又は誤伝達となっています。
  4. なお、今後は、半年ごとに指導の件数等をとりまとめ、以下のURLに公表していきます。

        http://www.maff.go.jp/j/syouan/keikaku/beikoku/index.html

 

お問い合わせ先

消費・安全局表示・規格課米穀流通監視室
担当者:井戸、滝沢
代表:03-3502-8111(内線4631)
ダイヤルイン:03-6738-6558
FAX:03-3502-0594

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図