ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 日本産りんごの生果実のベトナムへの輸出解禁について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年9月15日

農林水産省

日本産りんごの生果実のベトナムへの輸出解禁について

農林水産省はベトナム当局との技術的協議の結果、平成27年9月17日付けで、ベトナムへの日本産りんごの生果実の輸出が解禁されることとなりました。

概要

日本産りんごの生果実については、平成19年にベトナムにおいて植物検疫法が制定された際に、日本からの病害虫の侵入が懸念されたため、平成23年から輸出ができなくなっていました。このため、農林水産省は、ベトナム向けの日本産りんごの生果実の輸出を再開するため、ベトナム当局と技術的協議を行ってきましたが、今般、ベトナムにおいて検疫条件が設定されたことにより、平成27年9月17日付けで、再びベトナム向けの日本産りんごの生果実の輸出が可能となりました。

また、本日(9月15日)、安倍総理とベトナムのチョン共産党書記長との日ベトナム首脳会談及び日越関係に関する共同ビジョン声明でも本件が取り上げられています。

なお、輸出に当たっての主な検疫条件の概要は、別添のとおりです。

お問い合わせ先

消費・安全局植物防疫課
担当者:横地、三角、髙西
代表:03-3502-8111(内線4565)
ダイヤルイン:03-3502-5978
FAX:03-3502-3386

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図