このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

「電子植物検疫証明書(ePhyto)に関するセミナー」の開催及び参加者の募集について~紙媒体の証明書から電子的な証明書への転換~

  • 印刷
平成30年3月5日
農林水産省

農林水産省は、平成30年3月22日(木曜日)に農林水産省三番町共用会議所で、「電子植物検疫証明書(ePhyto)に関するセミナー」を開催します。
本セミナーは公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみ可能です。

1.概要

農林水産省は、国際植物防疫条約(IPPC)が推進している「電子植物検疫証明書(ePhyto)」を紹介するセミナーを開催します。
ePhytoは、電子植物検疫証明書(electronic phytosanitary certificate)の略称です。

植物検疫証明書は、農作物の輸出時に、病害虫の付着がないことなど、輸入国が求める事項を満たしていることを証明するため輸出国の植物検疫当局が発給する書類です。現在、日本をはじめ多くの国は紙媒体で植物検疫証明書を発給していますが、IPPCは電子的に植物検疫証明書を発給・送付する画期的なePhytoシステムの開発・普及を目指しており、主要な農産物の輸出入国では既にePhytoの導入に向けた取組が進んでいます。

ePhyto導入により、
・ 輸入検査申請のための煩雑なデータ入力手続きからの解放
・ 証明書に関する不正の撲滅
・ 輸出検査手続きの迅速化による農作物の輸出促進
など多くのメリットが期待されます。

今回のセミナーでは、IPPCにおけるePhytoの実施支援機関である、ePhyto運営部会議長のPeter Neimanis氏らを講師としてお招きし、ePhytoによる貿易円滑化などの便益やePhyto導入事例の紹介などについて講演を行っていただくほか、既にePhytoを導入している国間でのePhyto作成・送付のデモンストレーションを行います。

農作物の輸出入に携わっている方や、植物類の通関業務に携わっている方、行政サービスの電子化に関心のある方はePhytoの現状や課題を知る良い機会ですので、是非、御参加を検討ください。(逐次通訳付き)

2.開催日時及び場所

日時:平成30年3月22日(木曜日) 13時30分~16時30分(開場13時10分)
会場:農林水産省三番町共用会議所
所在地:東京都千代田区九段南2丁目1-5 

3.プログラム内容

(講師)
Peter Neimanis氏(IPPC ePhyto運営部会議長、豪州農業水資源省)
Christian Dellis氏(IPPC ePhyto運営部会北米代表委員、米国農務省動植物検疫局)

(第1部:一般的内容)
・ ePhytoによる便益/ePhytoと貿易円滑化
・ 豪州におけるePhytoの運用事例紹介
・ 日本におけるePhyto導入見通しの紹介

(第2部:技術的内容)
・ ePhyto及びハブシステムの技術的情報と要件
・ ハブを介したePhyto交換のデモンストレーション 

4.参加募集人数

100名程度(先着順) 

5.参加申込要領

(1) 申込方法
参加を希望される方は、インターネットにより以下のお申込先に氏名(ふりがな)、御連絡先(電話番号、メールアドレス)、勤務先・所属団体名等を明記の上、お申込みください。お電話でのお申込みは御遠慮ください。

<インターネットによるお申込先>
https://www.contactus.maff.go.jp/j/form/syouan/keneki/180305.html
複数でお申込みの場合も、お一人ずつ申込み願います。 

(2) 申込締切
平成30年3月16日(金曜日)17時00分まで
受付は先着順といたします。参加申込者が募集人数に達した場合は、募集期間より早く受付を締め切らせていただきます。参加の可否は、3月19日(月曜日)までに御連絡いたします。

(3) 留意事項
本セミナーでは、逐次通訳(日英・英日)が入ります。
参加に当たり、次の事項を遵守してください。これらを守られない場合は、参加をお断りすることがあります。

(ア) 事務局の指定した場所以外に立ち入ることはできません。
(イ) 携帯電話等音の出る機器については、電源を切るか、マナーモードに設定してください。
(ウ) 写真撮影、ビデオ撮影、録音をすることはできません(あらかじめお申込みされた場合は、会議冒頭に限って写真撮影などをすることができます)。
(エ) 講演の妨げとならないよう静かにしてください。
(オ) その他、事務局職員の指示に従ってください。

なお、お申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、傍聴の可否確認等御本人への連絡を行う場合に限り利用させていただきます。 

6.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、一般参加者と同様に平成30年3月16日(金曜日)17時までに上記の「申込要領」に従い、お申込みください。その場合は、報道関係者である旨を必ず明記してください。
当日は、受付で記者証等の身分証を御提示いただきますので、あらかじめ御承知願います。
なお、参加希望者多数により御用意した席が満席となった場合は、お立ちいただくことになります。その場合は御容赦ください。

7.参考

国際植物防疫条約(IPPC)について
http://www.maff.go.jp/j/syouan/syokubo/keneki/ippc.html
電子植物証明書(ePhyto)について(IPPC事務局ホームページ)
https://www.ippc.int/en/ephyto/

お問合せ先

消費・安全局植物防疫課国際室

担当者:横地、三角、山田
代表:03-3502-8111(内線4561)
ダイヤルイン:03-3502-5978
FAX番号:03-3502-3386