ホーム > 報道発表資料 > 第42回「コーデックス連絡協議会」の概要について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年1月27日

厚生労働省
農林水産省

第42回「コーデックス連絡協議会」の概要について

厚生労働省及び農林水産省は、平成22年1月19日(火曜日)に、第42回「コーデックス連絡協議会」を三田共用会議所大会議室において開催しました。質疑応答及び意見交換の主な内容は以下のとおりです。

1 経緯

(1)厚生労働省及び農林水産省は、コーデックス委員会の活動及び同委員会での我が国の活動状況を、消費者をはじめとする関係者に対して情報提供するとともに、検討議題に関する意見交換を行うためコーデックス連絡協議会を開催しています。

(2) 今回は、9月から11月にかけて開催された5つの部会の主な検討議題について報告するとともに、2月から5月にかけて開催される8つの部会の主な検討議題について、説明、質疑応答を行いました。

※ コーデックス委員会(Codex Alimentarius Commission)とは、1963年にFAO(国連食糧農業機関)とWHO(世界保健機関)が合同で設立した政府間組織であり、消費者の健康を保護し、公正な食品の貿易を保証するために、国際食品規格(コーデックス規格)や基準・実施規範・ガイドラインなどを勧告しています。

  2 質疑応答及び意見交換の主な内容

(1)第30回魚類・水産製品部会

(2)第3回抗菌剤耐性に関する特別部会

(3)第15回生鮮果実・野菜部会

(4)第31回栄養・特殊用途食品部会

 (5)第41回食品衛生部会

(6)第9回乳・乳製品部会

※※ アナトー色素は、ベニノキの種子の被覆物から得られた、ビキシン及びノルビキシンを主成分とする着色料(食品添加物)です。

 (7)第31回分析・サンプリング法部会

(8)第42回食品添加物部会

(9)第42回残留農薬部会

(10)第4回汚染物質部会

(11)その他

 i)食品表示に係る制度設計やコーデックス委員会における我が国の対処方針の決定等に当たり、消費者委員会の御意見を伺う必要があり、連絡協議会に参加する場合には、連絡協議会と消費者委員会の関係について整理する必要が生じること、

ii)消費者委員会においては、食品表示制度についての議論を行う食品表示部会の設置作業が進められており、同部会が設置され次第、本件について相談の上結論を出す予定である

 と伺っている旨報告しました。

 

会議資料はこちらからご覧になれます。→第42回コーデックス連絡協議会

(http://www.maff.go.jp/j/study/codex/42/index.html)

 

コーデックス委員会については、こちらをご覧下さい。→コーデックス委員会

(http://www.maff.go.jp/j/syouan/kijun/codex/index.html)

お問い合わせ先

厚生労働省食品安全部規格情報課国際食品室
国際食品室長  猿田  克年
担当:井関(電話:03-5253-1111  内線2407)

農林水産省消費・安全局消費・安全政策課
調査官  山田  英也
担当:小出(電話03-3502-8111  内線4471)
     ((直)03-3502-8732))

(注:資料配布は厚生労働省のみ)

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図