ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「第19回 コーデックス アジア地域調整部会」の開催及び一般傍聴について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年9月17日

農林水産省

「第19回 コーデックス アジア地域調整部会」の開催及び一般傍聴について

農林水産省は、平成26年11月3日(月曜日)から7日(金曜日)までの間、イイノ カンファレンスセンターにおいて、「第19回 コーデックス アジア地域調整部会」を開催します。

会議は公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみ可能です。会議は、英語、中国語及び日本語で同時通訳されます。

1 開催概要

(1) 農林水産省は、コーデックス委員会(*1)の地域調整部会の一つである 「第19回 コーデックス アジア地域調整部会(*2)」を開催します(事務局:農林水産省)。会議は、英語、中国語及び日本語で同時通訳されます。

(2) 「コーデックス委員会」及び「第19回 コーデックス アジア地域調整部会」の詳細については、以下のURLページ(日本語及び英語)で御覧になれます。

*1 コーデックス委員会は、消費者の健康の保護、食品の公正な貿易の確保等を目的として、1963年にFAO及びWHOにより設置された国際的な政府間機関であり、国際食品規格の策定等を行っています。我が国は1966年から加盟しています。

*2 アジア地域調整部会(FAO/WHO Coordinating Committee for Asia (CCASIA))は、コーデックス委員会によって設置された地域調整部会の一つであり、アジア23カ国をメンバーとして1978年から作業を行っています。同部会の主な目的は、アジアのメンバー国間のコミュニケーション及び食品のアジア地域規格策定の推進です。

2 開催日程及び場所

日程:平成26年11 月3日(月曜日) ~7日(金曜日)

※11月6日(木曜日)は調整日のため、原則として会議は開催しない予定です。

会場:イイノ カンファレンスセンター(飯野ビル4F、ルームA)

所在地:東京都 千代田区 内幸町 2-1-1

会場アクセス ・地図は以下のURLページで御覧になれます。

http://www.iino.co.jp/hall/access/ 

3 議題(予定)

1. 議題の採択

2. コーデックス総会及びその他の部会からの付託事項

3. 地域に関するFAO/WHOの活動(優先度及び開発能力のニーズを特定)

4. FAO/WHO調整部会の再活性化(地域調整部会の役割及び土台強化に関する提案)

5. 各国の食品管理システム及び食品規格策定への消費者の参画並びに各国におけるコーデックス規格の使用に関するコメント及び情報

6. 非発酵大豆製品の地域規格案

7.a のり製品の地域規格原案

7.b 路上販売食品の衛生実施規範原案

8.a CCASIA地域戦略計画2009-2014の実施状況

8.b CCASIA地域戦略計画2015-2020案

9. 食用コオロギ及びコオロギ製品に関する討議文書

10. 地域に関連する課題

11. 地域調整国の指名

12. その他の事項

13. 次回会合の日程及び開催地

14. 報告書の採択  

4 傍聴可能人数

80名程度を予定しております。

5 傍聴申込要領

(1) 申込方法

インターネット又はFAXにて、以下の申込先に、「第19回 コーデックス アジア地域調整部会」の傍聴を希望する旨、御氏名(ふりがな)、御連絡先(電話番号、電子メールアドレス、FAX番号)、勤務先・所属団体名、傍聴希望される日時等を明記の上、お申込みください。(電話での申込みは御遠慮願います。)

(インターネットによる申込先)

https://www.contact.maff.go.jp/maff/form/dbe7.html

 (FAXによる申込先)

FAX送付先:農林水産省 消費・安全局 消費・安全政策課 国際基準チーム 宛て

FAX番号:03-3507-4232

傍聴希望される日時:傍聴希望される日時について以下から選択し、番号(1~7)を御記入ください。(複数選択可)

(1) 11月3日 (月曜日) 午前 (9時30分~12時30分)

(2) 11月3日 (月曜日) 午後 (14時00分~17時00分)

(3) 11月4日 (火曜日) 午前 (9時30分~12時30分)

(4) 11月4日 (火曜日) 午後 (14時00分~17時00分)

(5) 11月5日 (水曜日) 午前 (9時30分~12時30分)

(6) 11月5日 (水曜日) 午後 (14時00分~17時00分)

(7) 11月7日 (金曜日) 午前 (10時00分~12時30分)

※1 会議の開催時間は、会議の進捗状況に応じて変更されます。

※2 (7) 11月7日 (金曜日) は、報告書の採択が行われる予定です。

(2) 申込締切

平成26年10月8日(水曜日) 17時00分必着です。

(3) 傍聴希望者多数の場合

希望者多数の場合は先着順とさせていただき、傍聴の可否については、10月10日(金曜日)までに御連絡いたします。

(4) 傍聴する場合の留意事項

傍聴される方は、会場前受付で身分証明書を御提示いただきます。

傍聴に当たり、次の留意事項を遵守してください。これらを守られない場合は、傍聴をお断りすることがあります。

(ア) 事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと。

(イ) 携帯電話等は電源を切るか、マナーモードに設定し傍聴すること。

(ウ) 傍聴者は静粛を旨とし、以下の行為を慎むこと。

(エ) その他、議長及び事務局職員の指示に従うこと。 

6 報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は上記の「傍聴申込要領」に従い、取材を希望する旨を記載し、インターネット又はFAXによりお申込みください。その場合、報道関係者である旨を必ず明記してください。

また、当日は受付で記者証等の身分証を御提示していただきますのであらかじめ御了承願います。

お問い合わせ先

消費・安全局消費・安全政策課
担当者:国際基準チーム 五十嵐・大隅
代表:03-3502-8111(内線4471)
ダイヤルイン:03-3502-8732
FAX:03-3507-4232

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図