ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「コーデックスに係る国際シンポジウム」の開催及び参加者の募集について


ここから本文です。

プレスリリース

平成28年2月22日

農林水産省
厚生労働省

「コーデックスに係る国際シンポジウム」の開催及び参加者の募集について

農林水産省及び厚生労働省は、平成28 年3 月22 日(火曜日)にイイノカンファレンスセンター(東京都千代田区)において、「コーデックスに係る国際シンポジウム」を開催します。

本シンポジウムは公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみ可能です。

1 概要

   昨今の食品の国際貿易の活発化や、TPPをはじめとする経済連携協定の締結への動きなど、食品の安全に対してこれまで以上に関心が高まっています。また、食中毒による病人や死者の発生は、公衆衛生のみならず社会経済活動にも深刻な影響を及ぼすため、これまでに報告されていない食中毒を含めての実態把握を行うことが検討されています。

   このため、農林水産省は、厚生労働省と共同で、3月22日にイイノカンファレンスセンター(東京都千代田区)で、「コーデックスに係る国際シンポジウム」を開催します。

2 開催日時及び場所

開催日時:平成28 年 3 月 22  日(火曜日) 13 時30 分~17 時30 分(開場13時00分)

開催場所:イイノカンファレンスセンター Room A

所在地:東京都 千代田区 内幸町 2-1-1飯野ビルディング4階

http://www.iino.co.jp/hall/access/index.html(外部リンク) 

3 主催

農林水産省、厚生労働省

4 プログラム内容

このシンポジウムは2部構成となっています。

第1部:「最近のコーデックス委員会(※1)の動向について」(13時45分~16時05分)

1.基調講演

(1)コーデックス委員会の動向

世界保健機関 食品安全部 部長 宮城島 一明 氏

(2)EUにおける食品安全およびコーデックスに関する活動

欧州委員会保健衛生・食品安全総局 ユニット長 Ms. Ella STRICKLAND(エラ ストリックランド) 氏

(3)アフリカにおける食品安全およびコーデックスに関する活動

ケニア農業畜水産省畜産局 獣医部長/アフリカ地域調整国代表 Dr. Moses GICHIA(モーゼス ギチア) 氏

2.パネルディスカッション

第2部:「食品由来疾病による世界的負荷(※2)について」(16時15分~17時30分)

1.基調講演

(1)食品由来疾病による世界的負荷

世界保健機関 食品安全部 部長 宮城島 一明 氏

(2)日本における食品由来疾病の負荷とその政策評価について

東京大学大学院 医学系研究科 国際保健政策学 教授 渋谷 健司 氏

2.質疑応答

 

※1 コーデックス委員会は、1963 年にFAO(国連食糧農業機関)とWHOが合同で設立した政府間組織です。消費者の健康を保護し、公正な食品貿易を保証するために、国際食品規格(コーデックス規格)や基準・実施規範・ガイドラインなどを勧告しています。

※2 「食品由来疾病による世界的負荷の報告書」とは、世界で食中毒などの食品由来疾病の実被害がどのくらい発生しているかを試算したWHOの報告書です。31の原因物質(微生物、化学物質など)による32の食品由来疾病について生命や健康の損失の程度を数値化して示しています(2015年12月公表)。

5 参加可能人数

100名程度(先着順)

6 参加申込要領

(1)申込方法

参加を希望される方は、インターネット、電子メール、FAXのいずれかの方法でお申し込みください。幅広い参加を図る観点から、同一団体からの複数名の参加は御遠慮いただく場合があります。

<インターネットによるお申込先>

  URL:http://s-codex.net/(外部リンク)

上記の「参加申込み入力フォーム」に必要事項を明記の上、お申し込みください。

 

<電子メールによるお申込先>

電子メールアドレス:s-codex@intergroup.co.jp

別紙の参加者記入欄の項目を明記の上、先の申込先にお送りください。

 

<FAX によるお申込先>

宛先:「コーデックスに係る国際シンポジウム」運営事務局担当:高田

FAX 送付先: 03-5549-3201

別紙の参加申込書に、必要事項を明記の上、上記の申込先にお送りください。

 

(2)申込締切

平成28 年 3 月11 日(金曜日)   ※定員に達しましたので受付を終了いたします。(平成28年2月26日修正)

参加申込者数が定員に達した場合は、予定の期日より早く受付を締め切らせていただきます。

(3)留意事項 

(ア)参加の可否については開催前日までにお申込みいただいた方法(電子メール又はFAX)で御連絡します。参加者には「参加証」をお送りしますので、当日に会場の受付で御提示ください。開催前日までに何もなかった場合には、「申込に関するお問い合わせ先」まで御連絡ください。

(イ)今回のシンポジウムは、質疑応答・意見交換での発言内容を含め、公開です。発言者、参加者の写真や映像が配信、報道される可能性があることをあらかじめ御了承ください。

(ウ)講演及び意見交換では、同時通訳(日英・英日)が入ります。

(エ)参加に当たり、次の留意事項を遵守してください。これらを守られない場合は、参加をお断りすることがあります。

・事務局の指定した場所以外に立ち入ることはできません。

・携帯電話等音の出る機器については、電源を切るか、マナーモードに設定してください。

・写真撮影、ビデオ撮影、録音をすることはできません(あらかじめ申し込まれた場合は、会議冒頭に限って写真撮影などをすることができます。)。

・会議の妨げとならないよう静かにしてください。

・その他、事務局職員の指示に従ってください。

7 報道関係者の皆様へ

今回のシンポジウムは公開ですが、写真や動画撮影は冒頭のみのとさせていただきます。取材を希望される方には、別途席を用意しますので、開催前日までに、「6 参加申込要領」に従い、お申込みください。お申し込みの際、報道関係者である旨を必ず明記してください。

また、当日は受付で名刺をお渡しください。  

8 その他

この意見交換会の開催案内や参加者の募集は、厚生労働省においてもプレスリリースを行っております。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

消費・安全局食品安全政策課
担当者:国際基準チーム 清水、大隅
代表:03-3502-8111(内線4470)
ダイヤルイン:03-5512-2291
FAX:03-3507-4232

厚生労働省 医薬・生活衛生局 生活衛生・食品安全部 企画情報課
担当者:国際食品室 小島、五十嵐
代表:03-5253-1111(内線2408)
ダイヤルイン:03-3595-2326
FAX:03-3503-7965


【参加申込に関するお問い合わせ先】
「コーデックスに係る国際シンポジウム」運営事務局
担当者:高田
電話:03-5549-6915
E-meil:s-codex@intergroup.co.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図