ホーム > 報道発表資料 > 遺伝子組換え体混入の可能性のあるパパイヤの検査について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年2月22日

農林水産省

遺伝子組換え体混入の可能性のあるパパイヤの検査について

1.国立医薬品食品衛生研究所(以下「国衛研」という。)が食品衛生法上で未審査である遺伝子組換えパパイヤの検査法を開発する過程において、生果実及び苗を試験的に分析したところ、カルタヘナ法で未承認の遺伝子組換え体が混入している可能性を示す分析結果が得られました。

2.この結果が事実であれば、カルタヘナ法に基づいて農林水産省が対応する必要があるため、農林水産省では、科学的信頼性の高い種子の検査法を確立しました。

3.今後、海外から輸入される種子について、水際でモニタリング検査を実施します。また、遺伝子組換えパパイヤの種子を含む種子が販売されていないかどうかを知るため、種苗会社の保有する種子を早急に検査します。

調査の背景・趣旨

1.我が国では、遺伝子組換え農作物の輸入や流通に先立ち、カルタヘナ法(注1)等に基づいて、植物の品種ごとに、生物多様性への影響や食品・飼料としての安全性を、科学的に評価しています。

2.昨年12月、厚生労働省から、国衛研が、食品衛生法上で未審査である遺伝子組換えパパイヤの検査法を開発する過程において、沖縄県内の農産物直売所やホームセンターで販売されていた生果実及び種苗を試験的に分析したところ、その一部に未承認の遺伝子組換え体(注2)が混入している可能性を示す分析結果が得られたとの情報提供がありました。

3.この結果が事実であれば、農林水産省がカルタヘナ法に基づく対応を行う必要があります。

4.そこで、直ちに、農林水産省の分析能力を有する機関が、国衛研で開発中の検査法を、カルタヘナ法に基づく種子及び苗の検査に使用可能なものとすることに着手し、今般、当該遺伝子組換え体について、科学的信頼性の高い種子の検査法を確立しました。(苗の検査法については、開発中です。)

5.国衛研が分析した生果実8検体のうち、1検体(品種不明)から採取した種子について、今般確立した検査法により、遺伝子組換え体であることを確認しました。

注1:遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律。

注2:台湾で研究中の遺伝子組換えパパイヤの導入遺伝子と同様の塩基配列を持つ。

今後の対応

1.今般確立した種子の検査法を用い、海外から輸入される種子について、水際で、モニタリング検査を実施します。検査の結果、遺伝子組換え体が見つかった場合には、その事実を公表するとともに、当該種子を処分します。

2.また、種苗会社が保有する種子について、遺伝子組換えパパイヤの種子が含まれていないか早急に検査します。

3.この検査の結果、遺伝子組換え体が見つかれば、未販売の場合にはその流通を止め、販売済の場合には、種苗会社から該当する品種の販売先を聴き取り、当該品種を栽培しているほ場のパパイヤを検査します。なお、検査した種子の品種が遺伝子組換え体を含むか含まないかについて、公表します。

 

遺伝子組換えパパイヤに関するホームページは、こちらをご覧くださいhttp://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/carta/c_data/ppy/ppy_4.html

 

お問い合わせ先

消費・安全局農産安全管理課
担当者:二階堂、吉尾、高島
代表:03-3502-8111(内線4510)
ダイヤルイン:03-6744-2026
FAX:03-3580-8592

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図