ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「平成22年度遺伝子組換え植物実態調査」の結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年10月14日

農林水産省

「平成22年度遺伝子組換え植物実態調査」の結果について

  1. 農林水産省は、平成18年度から、遺伝子組換え植物がその生育範囲を拡大したり、遺伝子組換え植物に組み込まれている遺伝子が交雑可能な近縁種に広がったりしていないかどうかを知るために、輸入港の周辺地域において遺伝子組換えセイヨウナタネの生育状況や、その近縁種(カラシナ、在来ナタネ)との交雑状況を調査しています。平成21年度からは、ダイズ及びその近縁種(ツルマメ)についても対象に追加し、調査しています。
  2. 平成22年度の調査では、ナタネ類については、平成21年度までと同様、遺伝子組換え体の生育範囲の拡大は見られませんでした。また遺伝子組換えダイズとツルマメの交雑体は見られませんでした。
  3. 平成23年度も調査を継続し、平成21年度から3ヵ年分の結果をとりまとめて公表する予定です。

調査の背景・趣旨

     我が国では、遺伝子組換え農作物の輸入や流通に先立ち、「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(以下「カルタヘナ法」という。)等に基づいて、植物の品種ごとに、生物多様性への影響や食品・飼料としての安全性を、科学的に評価しています。

    農林水産省では、これまで遺伝子組換えセイヨウナタネや遺伝子組換えダイズについて、運搬時にこぼれ落ちて生育しても、生物多様性への影響はないと評価して、輸入や流通を認めています。

    さらに、カルタヘナ法に則り、承認の際に予想されなかった生物多様性への影響が生じていないかどうかを調べるため、また、遺伝子組換え植物の生物多様性への影響を懸念する声に応えるため、平成18年度から12の輸入港の周辺地域で、遺伝子組換えセイヨウナタネの生育状況や、その近縁種(カラシナ、在来ナタネ)との交雑状況を調査しています。

    平成20年度までの3ヵ年の調査は、各年の遺伝子組換えセイヨウナタネの生育はほぼ同じ場所に限られ、また、遺伝子組換えセイヨウナタネと交雑可能な近縁種であるカラシナ又は在来ナタネとの交雑体は発見されませんでしたが、経年的変化を観察するため、引き続き調査が必要と判断しました。

    平成21年度からは、ナタネ類について調査対象港を12から18に増やし、それぞれの港の周辺において、ナタネ類が生育している地域を最大で45地点選定し、各地点から8個体を上限に植物体を採取し、形態的特徴により種を同定し除草剤耐性タンパク質の有無を検査しています。また、調査対象に追加したダイズとツルマメについては、10の輸入港の周辺において、ダイズ及びツルマメが生育している地域を最大で4地点選定し、各地点から8個体を上限に植物体を採取し、形態的特徴により種を同定し除草剤耐性タンパク質の有無を検査しています。

調査結果

平成22年度の調査の結果は、次のとおりです。

 1.ナタネ類について

(1)18の輸入港を調査し、17港の周辺地域で、セイヨウナタネを含むナタネ類が生育していました。このうち、組み換えられた遺伝子を持つセイヨウナタネは9港の周辺地域で生育していました(注1)。

(2)生育地点から採取した計1542個体(※1)のナタネ類において、平成21年度調査と同様に、カラシナ又は在来ナタネと遺伝子組換えセイヨウナタネとの交雑体は見られませんでした。また、1542個体のうち組み換えられた遺伝子を持つセイヨウナタネは112個体で、111個体は1種類の除草剤耐性遺伝子を持ち、1個体は2種類の除草剤耐性遺伝子を持っていました。

 

 採取個体数

うち組み換えられた

遺伝子を持つ個体数 

 セイヨウナタネ

 403

112 

 カラシナ

 863

 0

 在来ナタネ

 276

 0

 合計

 1542

 112

 ※1 採取時に、生育していた個体が8個体未満だったため、採取したナタネ類の個体数が計画していた採取個体数に達しない地点があった。

 注1:輸入港名やナタネ類の生育地域などは添付資料(「平成22年度遺伝子組換え植物実態調査」の結果について)7~12頁に記載。

 

 

2.ダイズ及びツルマメについて

(1)10の輸入港を調査し、4港の周辺地域で、ダイズ又はツルマメが生育していました。このうち組み換えられた遺伝子を持つダイズは2港の周辺地域で生育していました(注2)。

(2)生育地点から採取した計18個体(※2)のダイズ又はツルマメにおいて、平成21年度調査と同様に、ツルマメと遺伝子組換えダイズとの交雑体は見られませんでした。また、18個体のうち、組み換えられた遺伝子を持つダイズは5個体でした。

 

採取個体数 

うち組み換えられた

遺伝子を持つ個体数 

 ダイズ

 8

 ツルマメ

 10

 0

 合計

 18

 ※2 採取時に、生育していた個体が8個体未満だったため、採取したダイズ又はツルマメの個体数が計画していた採取個体数に達しない地点があった。

 注2: 輸入港名やダイズ及びツルマメの生育地域などは添付資料(「平成22年度遺伝子組換え植物実態調査」の結果について)13~15頁に記載。

今後の対応

農林水産省は、平成23年度も「遺伝子組換え植物実態調査」を継続し、平成20年度までの調査や、環境省が実施する調査の結果(※3)も参考にし、平成21年度から平成23年度までの調査結果を総合的に解析する予定です。

 また、平成24年度以降については、平成23年度までの調査結果に基づいて、調査内容の見直しを行い、調査を続けたいと考えています。


※3 平成15年度及び平成16年度環境省請負業務「遺伝子組換え生物(ナタネ)による影響監視調査」報告書並びに平成17年度~平成22年度環境省請負業務「遺伝子組換え生物による影響監視調査」報告書

 

お問い合わせ先

消費・安全局農産安全管理課
担当者:組換え体管理指導班 吉尾、勝田
代表:03-3502-8111(内線4510)
ダイヤルイン:03-6744-2102
FAX:03-3580-8592

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図