ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「平成26年 未承認遺伝子組換えパパイヤの生育実態調査」の結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年2月26日

農林水産省

「平成26年 未承認遺伝子組換えパパイヤの生育実態調査」の結果について

農林水産省と環境省は、平成24年から、我が国で未承認の遺伝子組換えパパイヤについて沖縄県内の道ばた等における生育実態を調査してきました。

平成26年に行った調査では、道ばた等で生育しているパパイヤが25個体確認されましたが、いずれも遺伝子組換えパパイヤではありませんでした。

3年間の調査により、今後、当該遺伝子組換えパパイヤの生育が確認される可能性は低く、当該遺伝子組換えパパイヤの分布が拡大するおそれはないと考えられることから、農林水産省と環境省は、平成26年をもって継続的な調査は取りやめることとしましたが、道ばた等における当該遺伝子組換えパパイヤの生育の動向は、引き続き沖縄県や市町村等関係者と情報の共有を図りつつ、注視していきます。

1.概要

我が国では、遺伝子組換え農作物等について、その系統ごとに遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律(平成15年法律第97号)等に基づき、食品・飼料としての安全性や生物多様性への影響について科学的な評価を行い、問題がない場合に初めて、食品や飼料としての利用、輸入、運搬、栽培等の使用を承認しています。

平成23年4月、「台農5号」(注1)という名称で国内で流通していたパパイヤ種苗が我が国で未承認の遺伝子組換えパパイヤであることが判明しました。当該遺伝子組換えパパイヤについて、農林水産省と環境省は、我が国の生物多様性への影響は低いとの見解を示しました(注2)

平成23年12月末までに、当時商業栽培されていた、当該遺伝子組換えパパイヤと特定された約8,000本強は、沖縄県の指導の下、全て伐採されました。

平成24年から、農林水産省と環境省は、我が国の自然環境下における当該遺伝子組換えパパイヤの生育の実態を把握するため、以下のとおり沖縄県内の道ばたや空き地におけるパパイヤの生育実態を調査してきました。

    ・平成24年:36箇所(注3)で調査し、生育が確認された69個体のパパイヤのうち、2個体が当該遺伝子組換えパパイヤでした。

    ・平成25年:13箇所(注4)で調査し、生育が確認された48個体のパパイヤのうち、検査可能であった40個体(注5)はいずれも遺伝子組換えパパイヤではありませんでした。

    ・平成26年:11箇所(注4)で調査し、生育が確認された25個体のパパイヤはいずれも遺伝子組換えパパイヤではありませんでした。

     (注1)台湾当局からの情報では、台農5号は遺伝子組換えパパイヤではない通常の品種として、交雑育種により昭和62年に開発されました。我が国に輸入された未承認の遺伝子組換えパパイヤである品種については、本来の台農5号と区別するため、「」を付け、「台農5号」と記載しています。

    (注2)平成23年4月21日付けプレスリリース「パパイヤ種子の検査結果について」の添付資料(参考1 遺伝子組換えパパイヤによる我が国の生物多様性への影響について(農林水産省及び環境省の共同見解))。http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/pdf/110421_01.pdf(PDF:74KB)

    (注3)露地で当該遺伝子組換えパパイヤを相当数栽培していた36のほ場から半径400m圏内において調査。

    (注4)平成24年に選定した36のほ場のうち、その周辺400m圏内で、庭先も含めて当該遺伝子組換えパパイヤが人為によらずに生育していた11のほ場から半径600m圏内と、平成25年は市町村から要望のあった2つのほ場を加えた13のほ場から半径600m圏内において調査。

    (注5)48個体のうち、8個体は、葉がない、崖の縁に生育している等の理由から葉を採取できなかったため、検査対象から除外しました。

    2.今後の対応

これまでに得られた調査結果は、平成23年4月に農林水産省と環境省が示した共同見解に沿っており、今後、当該遺伝子組換えパパイヤの生育が確認される可能性は低く、当該遺伝子組換えパパイヤの分布が拡大するおそれはないと考えられることを踏まえ、農林水産省と環境省においては、平成26年をもって継続的な調査は取りやめることとします。今後は、引き続き沖縄県や市町村等関係者と情報の共有を図りつつ、道ばた等における当該遺伝子組換えパパイヤの生育動向を注視してまいります。

 

(参考)

平成23年2月22日付けプレスリリース「未承認の遺伝子組換えパパイヤの種子の混入に関する検査の実施について」

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/110222.html

平成23年4月21日付けプレスリリース「未承認の遺伝子組換えパパイヤの種子の混入に関する検査結果について」

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/110421.html

平成25年3月26日付けプレスリリース「未承認遺伝子組換えパパイヤの生育実態調査」の結果について

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/130326.html

平成25年10月3日付けプレスリリース「平成25年 未承認遺伝子組換えパパイヤの生育実態調査」の結果について

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/131003.html

 

 

 


 

 

 

 

 

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

消費・安全局農産安全管理課
担当者:担当者:吉田、山川
代表:03-3502-8111(内線4510)
ダイヤルイン:03-6744-2102
FAX:03-3580-8592

環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室
担当者:立田、森川、岡部
代表:03-3581-3351(内線6683)
FAX:03-3581-7090

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図