ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく学識経験者の名簿の更新及び公表について(第一種使用等)


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年9月1日

農林水産省
環境省

遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく学識経験者の名簿の更新及び公表について(第一種使用等)

農林水産省は、「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」に基づき、遺伝子組換え生物等の第一種使用等の承認の際に意見を聴く学識経験者の名簿を更新しました。

1.第一種使用等に係る学識経験者の名簿について

「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(平成15年法律第97号)第4条第4項及び第7条第2項(第9条第4項において準用する場合を含む。)において、遺伝子組換え生物等の第一種使用等(環境中への拡散を防止しないで行う使用等)をしようとする者は、第一種使用規程(第一種使用等の内容及び方法等を定めたもの)を定め、これにつき主務大臣の承認を受けることとされています。主務大臣はその承認に際して、生物多様性影響に関し専門の学識経験を有する者の意見を聴かなければならないこととされています。

また、「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律施行規則」(平成15年財務省・文部科学省・厚生労働省・農林水産省・経済産業省・環境省令第1号)第10条では、主務大臣は、学識経験者の名簿を作成し、公表するものとされています。

2.学識経験者の名簿の更新及び公表について

動物用医薬品、動物用再生医療等製品及び獣医療に使用する遺伝子組換えウイルスとその接種動物の生物多様性影響評価の意見の聴取については、薬事・食品衛生審議会薬事分科会再生医療等製品・生物由来技術部会及び動物用組換えDNA技術応用医薬品調査会で行うため、当該部会及び調査会の委員を名簿に記載しています。今般、当該部会の委員に以下のとおり変更がありました。このため、学識経験者の名簿を別添のとおり更新しましたので公表します。

 (1)新たに就任された方:小野寺 雅史(国立成育医療研究センター研究所成育遺伝研究部部長)、杉山 肇(神奈川リハビリテーション病院副病院長)

 (2)退任された方:谷 憲三朗、手島 玲子、中村 利孝、水口 裕之

3.その他

(参考)

平成27年5月28日付けプレスリリース「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく学識経験者の名簿の作成及び公表について(第一種使用等分)」

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/150528.html

 

お問い合わせ先

消費・安全局農産安全管理課
担当者:組換え体企画班 吉尾、岸
代表:03-3502-8111(内線4510)
ダイヤルイン:03-6744-2102
FAX:03-3580-8592

(「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」関係)
環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室
室長:曽宮(内線6680)
室長補佐:立田(内線6681)
担当者:平山(内線6683)
代表番号:03-3581-3351
ダイヤルイン:03-5521-8344

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図