ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「国産農産物中のカドミウムの実態調査」の結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成28年2月23日

農林水産省

「国産農産物中のカドミウムの実態調査」の結果について

農林水産省は、食品からのカドミウム摂取量を減らすため、農産物中のカドミウム低減対策に取り組んできました。その効果を検証するため、国産農産物に含まれるカドミウム濃度を平成21~26年度に調査しましたので、その結果を公表します。

本調査における米、小麦、大豆中のカドミウム濃度は、平成9~14年度における調査の結果と比べると低くなっており、カドミウム低減対策が有効であることが確認できました。本調査の結果をもとに、我が国における食品からのカドミウム摂取量を推定したところ、平成15年度の研究結果より減少していました。また、推定摂取量が食品安全委員会や国際機関が設定した耐容摂取量を下回っていることから、通常の食生活を送っていれば、食品中のカドミウムの摂取によって健康への悪影響が出ることはないと考えられます。 

1.調査の背景

カドミウムは自然に広く存在する元素で、栽培時に環境から農産物に移行することが知られています。また、カドミウムを食品などから長期間にわたって多量に摂取し続けると、腎臓の機能障害を引き起こすことが知られています。

農林水産省は、食品からのカドミウム摂取量を減らすため、我が国におけるカドミウムの主要な摂取源である米を中心に、「コメ中のカドミウム濃度低減のための実施指針」(平成23年8月作成)の普及等を通じ、都道府県や生産者の方々の協力のもと、国産農産物中のカドミウム濃度低減対策に取り組んでいます。

これらの低減対策が、国産農産物中のカドミウム濃度や我が国における食品からのカドミウム摂取量をどの程度低減させたかを知るため、「食品の安全性に関する有害化学物質のサーベイランス・モニタリング中期計画」に基づき、国産農産物中のカドミウム濃度を調査しました。さらに、その結果を平成9~14年度の調査結果と比較するとともに、我が国における食品からのカドミウム摂取の現状について検討しました。

2.調査結果(概要)

 国産の米(平成21、22年度)、小麦(平成24~26年度)、大豆(平成23~25年度)及び野菜20品目(平成21、22年度)中のカドミウム濃度を調査しました。国産の米・小麦・大豆中のカドミウム濃度を前回の調査結果(国産米:平成9~10年度、国産小麦・国産大豆:平成12~14年度)と比較したところ、農林水産省が推進し、都道府県や生産者の方々が実施しているカドミウム濃度低減対策が有効であることが確認されました。例えば、米については、前回の調査では、カドミウム濃度が0.4 mg/kgを超える試料が0.3%存在しましたが、今回の調査ではそのような試料はありませんでした。

今回の調査結果を用いて日本人の食品からのカドミウム摂取量を推定したところ、平成15年度研究時より減少していることがわかりました。また、本調査で推定した摂取量は、食品安全委員会や国際機関の設定した耐容摂取量(ヒトが一生涯にわたって毎日摂取し続けても、健康への悪影響がないと推定される量)を下回っており、通常の食生活を送っていれば、食品からのカドミウムの摂取によって健康への悪影響が出ることはないと考えられます。

3.今後の対応

 農林水産省は、今後とも農産物中のカドミウム低減対策の普及に務めるとともに、さらに効果的なカドミウム低減技術の研究開発や生産現場における実証を進めます。低減対策普及の進展や新たな低減技術の開発・普及等の状況をみて、次回の農産物中カドミウム濃度調査の時期を決定し、実施します。

4.参考

農林水産省ウェブページ「食品中のカドミウムに関する情報」

http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/kome/k_cd/index.html

 

お問い合わせ先

消費・安全局農産安全管理課
担当者:土壌汚染防止班 小林、牛田
代表:03-3502-8111(内線4507)
ダイヤルイン:03-3592-0306
FAX:03-3580-8592

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図