このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

「平成27年度国産野菜中の鉛の実態調査」の結果について

  • 印刷
平成28年12月19日
農林水産省
農林水産省は、国産野菜中の鉛濃度の現状を把握するため、実態調査を平成27年度に実施しました。その結果、きゅうり、ピーマン、アスパラガス及びさといも(皮なし)中の鉛濃度は、全て0.01 mg/kg(定量限界)未満でした。また、ほうれんそう及びさといも(皮つき)中の鉛濃度は、平成20年度に農林水産省が実施した実態調査の結果及び諸外国が実施した実態調査の結果と同程度でした。
農林水産省は引き続き、国産農産物中の鉛の実態調査を実施する予定です。

1.調査の背景

鉛は昔から様々な産業で使われており、以前は、自動車や工場等の排気ガスや排水中に含まれていました。大気中の粉塵や水に含まれる鉛が農産物に吸着し、または吸収されることが、消費者が鉛を摂取する主要な原因であると考えられています。したがって、農産物中の鉛汚染低減・防止には、排出源対策が重要です。

我が国では、以前より鉛の排出源対策に取り組んできました。その効果を検証するため、農林水産省は平成15~17年度及び平成20年度に国産農産物中の鉛の実態調査を実施しました。その結果、ほとんどの農産物中の鉛濃度は十分低いことが確認されましたが、ほうれんそう及びさといも(皮付き)は、比較的高濃度に鉛を含むものもある可能性が示唆されました。

前回調査以降、国産農産物中の鉛濃度に変化があったかどうか調べるため、「食品の安全性に関する有害化学物質のサーベイランス・モニタリング計画」に基づき、平成27年度に調査を実施しました。

今回、以前の調査において
1) 比較的高濃度に鉛を含むものもあることが示唆されたほうれんそう及びさといも、
2) 定量限界(濃度を計測できる最小濃度)が高すぎたきゅうり及びピーマン、
3) 未調査であったアスパラガス及びセロリ
の6品目について実態調査を実施しました。

2.調査結果(概要)

平成27年度に国内で生産されたほうれんそう、さといも、きゅうり、ピーマン、アスパラガス及びセロリ中の鉛濃度を調査した結果を下表に示します。

一覧表
※前回調査年
ほうれんそう及びさといも(皮つき):平成20年度、さといも(皮なし):平成15年度、きゅうり及びピーマン:平成15~17年度。アスパラガス及びセロリは今回初めて調査。


平成27年度に生産されたほうれんそう、さといも、きゅうり及びピーマン中の鉛濃度は、前回の調査結果と比較して同程度以下であることが分かりました。

また、厚生労働省が公表している我が国の一般的な食事による摂取量の調査では、鉛の摂取量が長期的に大きく低減していることが分かっています。これらの結果から、我が国の鉛の排出源対策は有効であり、今後とも継続していくことが重要です。

3.今後の対応

食品に含まれる有害化学物質は、合理的に達成可能な範囲で低減していく必要があります。特に鉛については、少量の摂取であっても毒性が知られていることから、可能な限り低減していくことが必要です。そのため、関係府省において、排出源対策による有害化学物質の低減のための取組が進められていますが、農林水産省は、その効果を検証するため、引き続き農産物中の鉛等の有害化学物質の実態調査を実施する予定です。

4.参考

農林水産省ウェブページ「食品の安全性に関する有害化学物質のサーベイランス・モニタリング中期計画(平成23年度から平成27年度)」
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/risk_analysis/survei/middle_chem.html



<添付資料>
(別添1) 平成27年度国産野菜中の鉛の実態調査結果(PDF : 193KB)
(別添2) アスパラガス、セロリの中の総水銀、総ヒ素、カドミウム濃度の調査(PDF : 102KB)

お問合せ先

消費・安全局農産安全管理課

担当者:土壌汚染防止班 小林、牛田
代表:03-3502-8111(内線4507)
ダイヤルイン:03-3592-0306
FAX番号:03-3580-8592

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader